サマン谷

 寒がりにとって沢登りの最大の敵は寒さである。沢には行きたし・・・でも寒いのは嫌~と我が儘なことを言ってると冷夏などは沢に行かぬ内に夏が終わってしまう・・・と、観念して今年の初沢に恐る恐る出かけてみた・・・
 尾平の登山口から奥岳川に沿って歩くと吊り橋をくぐって5分くらいでサマン谷の入口に着く。
d0006512_18411127.jpg

暫く歩くと最初の滝がある。2年前に来た時はこの場所ですでに寒さで震えていた(笑)。今回は全然寒くないから今日はかなり気温が上がっているらしい。滝の右手からショルダーで取り付いてクラック沿いに登り、アブミを垂らして後続を引き上げ最初の登攀をクリア。
d0006512_18432077.jpg

d0006512_2335537.jpg

サマン谷は遡行距離は短いものの滝や釜やナメが次々と現れる沢の要素の凝縮した谷で面白い。滝の水流で形成された釜。この辺りの景色は2年前に来た時とほぼ同じだ。
d0006512_18455881.jpg

2番目の滝は前回は右側から取り付いた。今回は左のクラック沿いに登攀を開始。Poohさん渾身のクライミング。
d0006512_18512049.jpg

d0006512_18514652.jpg

d0006512_1852298.jpg

d0006512_18521928.jpg

d0006512_18524275.jpg

無事登攀終了。
d0006512_1853712.jpg

三番目はゴルジュに大岩がある場所。前回と比べて手前が砂利で埋まっていてかなり浅くなっている。前回は泳げたが今回は水量も少ないので歩いて取り付く。
d0006512_18554793.jpg

Poohさん、ここもあっさりとクリア。
d0006512_194336.jpg

d0006512_1962952.jpg

最後は美しいナメ滝を抜ける。
d0006512_197384.jpg

この後、堰堤を二つ越えるとすぐ上が終了点の林道だ。今回の遡行時間は約4時間。遅い昼食を食べ、登山道沿いに尾平へ戻った。今年最初の沢登りは途中ちょっと寒さで震えたものの(笑)、思ったより暖かい日差しに楽しく水と戯れた一日だった・・・

参加者 Pooh、ワタスゲ、百
2011年6月4日 尾平10:30~サマン谷~林道出合い14:20~尾平15:30
[PR]
by hyaku_chan | 2011-06-05 19:00 | 真面目に山やってます

日記代わりに綴る九州の山を中心とした記録です。