白神岳縦走 1日目

 白神山地は青森県と秋田県の県境にまたがる約13万haの広大な山地で、その中に世界最大級のブナ林がある。1993年に日本で初めて世界自然遺産に登録された地域は、一般登山が可能な緩衝地域と入山手続きが必要な核心地域とに分けられる。
 今回の登山コースは日本海に沿って走るJR五能線の駅から白神山地の西の端にある白神岳に登り十二湖へ下る縦走路で、緩衝地域を歩くコースだ。このコース内にはテントを設営できる場所は無いので、山頂の避難小屋で一泊することにする。標準コースタイムは1日目の登りが5時間、2日目の下りが約7時間である。
一方、岩木山は白神山地の北側の津軽平野の中央に聳える独立峰である。周囲からの登山コースは5つほどあるが、定期バスが利用できる登山口は南側から東側にかけての3つで、今回は東側の弥生登山口から登り、南東側の百沢温泉に下るコースを歩くことにした。弥生登山口から山頂までは標高差約1500m、標準コースタイムは登り4時間15分、下り3時間15分である。

9月24日(1日目)白神岳 登り
夕方大阪駅を出発した寝台特急「日本海」は日本海に沿って北上し、翌日の朝、東能代駅に到着する。ここで電車をJR五能線に乗り換え、弘前に向かう列車に乗る。暫くすると前方に白神山地の山並みが迫り、列車はその山並みを避けるように左にカーブして狭い平野部を海岸伝いに走るようになると、ほどなく白神岳登山口駅に到着する。天気は快晴である。
 白神岳登山口駅は無人駅だ。電車を降りた客は自分一人である。地図を見ながら登山口に向かって歩いていると、熊鈴を忘れたことに気が付いた。老婦人が2人いたので、最近熊は出ましたか?と聞いてみると、
 「今年になってから熊が出たね。1人怪我をした。」というような意味のことを言う。
 「いつ頃ですか?」
 「わからん」
 ちょっとビビリながら、熊鈴の代わりに口で「リンリン」と叫ぶしかないかな~?などと考えながら歩く。線路を渡って暫く歩くと白神山荘がある。「山バッチ」あります。という看板が掛かっている。
d0006512_22254355.jpg

JR五能線白神岳登山口駅                  
d0006512_22255958.jpg

ガイドハウス白神山荘

駅から45分で登山口に到着。登山口には大きな駐車場と休憩室とトイレのある立派な建物がある。ここで、男女2人からアンケートにご協力をお願いしますと言われた。林野庁?からのアンケートは世界遺産の白神山地の入山に伴う一般常識があるかどうかを問うている。この時は自分が歩くルートが緩衝地域か核心地域か分からなかったため、トンチンカンな答えを書いてしまった。登山道はこの建物の左側から伸びていて、右からの舗装道路に繋がる。更に上に行くと旧登山口がある。ここで登山届けを出す。届けの用紙はなく、ノートに記入する方式だ。
d0006512_22273595.jpg

白神岳登山口               
d0006512_22275026.jpg

 旧登山口

旧登山口から先は舗装のない普通の登山道になる。熊に逢いたくないので口で「リンリン」言いながら進む。登山口から小一時間で二股分岐に到着。白神岳への登山道はここで二股コースとマテ山コースに分かれる。今回はマテ山コースを行く。何度か小さな沢を渡ると「最後の水場」と書かれた札がある。これ以降は水場がないため、ここで水筒を満タンにする。
d0006512_22291223.jpg

二股分岐                   
d0006512_22292646.jpg

最後の水場

 最後の水場から1時間ほどでマテ山山頂に到着する。マテ山のマテの字は画像にあるように難しい漢字が当てられているが、この名の由来はこの付近からマテ貝が出たので付いた名前らしい。この字はマテ貝のマテである。山頂に展望はない。ここで昼食を取り、更に2時間登ると稜線に出た。この2時間の間に、上から沢山の登山者が下ってきた。殆どの登山者は先ほどの登山口の駐車場に車を止めて白神岳をピストンするらしい。稜線の分岐が十二湖分岐で、左に行くと十二湖、右に行くと白神岳山頂である。
d0006512_22323362.jpg

マテ山山頂 
d0006512_22324849.jpg

十二湖分岐

山頂付近には立派なトイレがあり、そのすぐ横に避難小屋がある。避難小屋の中は3段になっていて、全部で30名程度が宿泊可能だ。到着した時には一番上に先客が2人いて、上の方が暖かそうだったので自分も一番上に登り、早々と夕食の準備を始める。床には銀マットが全面に敷き詰めてあり、狭いが快適な空間になっている。
d0006512_224316100.jpg

トイレ
d0006512_22433951.jpg

山頂避難小屋

今回も無洗米を炊くことにする。焚き火缶に無洗米と水を入れてガスコンロの上で炊くと暫くしていい香りがしてくる。その間、ビールを飲みながら先客と話をする。先客は昔の同僚で今は宮城と青森に別々に住んでいるとのこと。ご飯が炊けたので今度はレトルトカレーを暖める。カレーを食べながら今度はお湯を沸かして焼酎に使う。先客に頂いた鰺ヶ沢の烏賊を食べていると日没が近づいたので再び山頂へ向かう。ぼんやり見えていた岩木山が夕暮れになってハッキリ見えてきた。
d0006512_2234477.jpg

白神岳山頂              
d0006512_2235256.jpg

夕暮れの山頂付近と岩木山(右)

9月24日
JR白神岳登山口駅9:00~登山口9:45~二股分岐10:40~最後の水場11:30~マテ山(12:24~12:56)~十二湖分岐14:35~白神岳14:53
[PR]
by hyaku_chan | 2011-10-11 22:36 | ぶらぶら一人旅

日記代わりに綴る九州の山を中心とした記録です。