市房山系一ツ瀬川支流そごう谷遡行

9月のシルバーウイークの晴れの日、米良三山の一つ市房山の東面の沢そごう谷へ向かった。福岡を6時過ぎに出発、一ツ瀬川の横に車を止め、11時前に歩き始める。水の少ない一ツ瀬川を渡るとまもなくそごう谷の入口だ。
d0006512_14125470.jpg
9月下旬とはいえ、まだ水はぬるい。
d0006512_14152139.jpg
登れる小滝も多く、下半身はずぶ濡れだが、それほど寒くない。
d0006512_14172226.jpg
沢は人数が多いほど安心感がある。わいわいがやがや、じゃぶじゃぶ歩く。
d0006512_14185616.jpg
登れない大きな滝は躊躇なく巻く。
d0006512_14201323.jpg
登れる滝はじゃんじゃん登る。
d0006512_14211616.jpg
d0006512_14221123.jpg
d0006512_14230003.jpg
d0006512_14232985.jpg
稜線の手前にテン場がありそうなので、平坦な場所を探す。
d0006512_14240592.jpg
15時半頃、テン場に到着。タープを張り、宴会開始。長い初秋の夜が更けてゆく・・・

翌日、6時過ぎに起床。朝から時間をかけて昨夜の宴会の残りの鍋を食べ、8時過ぎに出発する。テン場付近の景観は庭園のように綺麗だ。
d0006512_14313900.jpg
稜線付近の崩壊は激しい。
d0006512_14340885.jpg
お助け紐を繋いでカラビナスルーで慎重に通過する。
d0006512_14350674.jpg
11時前、二ツ岩山頂に到着。
d0006512_14361552.jpg
その後、二ツ岩から尾根伝いに一ツ瀬川まで下山。14:30頃車に到着。西米良の温泉に入る。標高差1300mの沢の登りと尾根筋の下山は、さすがにシンドかった~。皆様、ありがとうございました。
d0006512_14402495.jpg
参加者 SG,Aya,Came,Wata,Piro,Pooh,Char,Hyaku
2015年9月20日 車10:41~市房山系そごう谷(鍋床谷)~テン場15:30頃
2015年9月21日 テン場8:20~二つ岩10:38~一つ瀬川14:16~車14:30頃

[PR]
by hyaku_chan | 2015-09-22 14:29 | 九州の沢

日記代わりに綴る九州の山を中心とした記録です。