裏英彦山道を歩く

 先週の週末は東京に出張で山はお休みだった・・・今週は雨の予報だけど土曜日の午前中はまだ降らないようだし、近場の山に読図登山でも行くかな~?

 しゃくなげ荘から岳滅鬼峠に向かう。林道を20分ほど歩くと右手に標識があり、沢を渡って登山道が続く。30分強で林道に合流。
d0006512_9501031.jpg

岳滅鬼峠は林道を横切って直進する。暫く行くと岳滅鬼山への標識があるが、今回は沢沿いに直進。10時前に稜線に到着。西に寄りすぎたためか峠の標識を確認しないまま篭水峠方向に左折する。この稜線は石楠花が多い。名残の石楠花がまだ咲いている。5mほどの岩場を通過。
d0006512_9554358.jpg

稜線上の道ははっきりしている。上塚山への分岐を過ぎ、石楠花の頭を過ぎると最低鞍部に到着。ここからは鬼杉下の林道に通じる避難路があるらしい。
d0006512_9584292.jpg

そこから90m登り返すと猫の丸尾だ。付近は平らでテントも張れる。岳滅鬼山がよく見える。
d0006512_1002134.jpg

昼前に篭水峠に到着。お天気なら一気に薬師峠に行きたいとこであるが、空模様も怪しいので下山することにする。新緑が美しい。
d0006512_101569.jpg

d0006512_1021419.jpg

下り始めて暫くして赤テープを見失ったことに気が付いた。地図では途中から右にトラバースすることになっているから多分テープに気が付かずに沢沿いに下り過ぎたのだろう。距離も1kmしかないのでそのまま強引に西に進むことにするが、南に下り過ぎたためか岩場に突き当たる。数回岩を登ったり下ったりして漸く登山道に到着。標高で見るとかなり下に来ている。そのまま林道に出てしゃくなげ荘まで歩く。

温泉の後、帰宅途中に雨が落ちてきた。明日は一日雨かな~?

しゃくなげ荘8:11~岳滅鬼峠分岐8:35~林道出合9:13~P998:9:57~上塚山分岐10:18~P1020石楠花の頭10:34~猫の丸尾11:09~篭水峠11:42~林道12:42~しゃくなげ荘13:15
[PR]
by hyaku_chan | 2010-05-23 10:05 | ぶらぶら一人旅

南八ヶ岳縦走 その3

4時前に目が覚める。表に出ると東の空は明るくなっている。ご来光を期待して日の出を待っていたが、残念ながら雲が多くて山が染まる光景は見られなかった。
d0006512_1524373.jpg

6時から朝食を頂く。支度を調えて外に出ると富士山がくっきりと見えている。
d0006512_155765.jpg

7時に小屋を出発する。急登を喘ぎながら30分ほどで赤岳山頂に到着。
d0006512_1562465.jpg

手前にあるのは赤岳頂上小屋。
d0006512_1565760.jpg

山頂はこちら。
d0006512_158272.jpg

山頂からは360度の展望が楽しめる。こちらは南アルプス。
d0006512_159012.jpg

山頂の眺めを満喫したあと、文三郎尾根を下る。バランスを崩さないよう注意する。
d0006512_1510939.jpg

d0006512_15114884.jpg

10時に行者小屋に到着。周囲を山に囲まれた小屋は眺めがいい。
d0006512_15131894.jpg

行者小屋から美濃戸山荘までは35分程度だが、途中凍結した場所もあって滑りやすい。
d0006512_15143590.jpg

美濃戸山荘でちょっとビール。野沢菜漬けの差し入れが嬉しい。
d0006512_15172499.jpg

下山後は近くの温泉に入って茅野駅前でおそばを食べる。折しも7年に一度の御柱大祭の真っ最中ではっぴを着た人が沢山いる。観光客も沢山いて駅前から会場手前までシャトルバスが出ているが、残念ながら見学している時間はなし。

帰りも中央道と山陽道を通って九州に帰った。途中、京都・大阪付近でちょっと渋滞に遭ったものの翌4日の6時には帰宅した。好天に恵まれた3日間とお世話になった山仲間に感謝です!

5月3日 赤岳展望荘7:00~赤岳(7:34~8:11)~文三郎尾根分岐8:40~行者小屋(10:00~10:45)~美濃戸山荘(12:19~12:40)~美濃戸口13:20
[PR]
by hyaku_chan | 2010-05-04 15:25 | 日本百名山への道

南八ヶ岳縦走 その2

4時40分に起床する。朝食を摂り、テントを撤収して出発。今日も晴天だ。最初に東天狗へ向かう。
d0006512_11384070.jpg

最初雪道の登りのためアイゼンを着けるが、その後岩場歩きとなり再びアイゼンを外す。その後も雪道と岩場のミックスでアイゼンを着けたり外したりしながら9時前に東天狗に到着。
d0006512_1142257.jpg

ここからはこれから登る硫黄岳や赤岳が良く見える。
d0006512_11422123.jpg

根石岳から夏沢峠までは約一時間。ここから硫黄岳へは急登だ。硫黄岳の爆裂火口の横を歩く。
d0006512_11443798.jpg

硫黄岳の本当の山頂は別の場所にある。ここは仮の山頂だ。
d0006512_1147218.jpg

横岳への道には難所がある。夏場には使える鎖が雪に埋もれている。一カ所、ザイルを出す。
d0006512_11502582.jpg

雪道ではバランスが大切だ。アイゼンの爪をスパッツに引っかけて転ばないよう注意が必要だ・・・と思いながら、2回も爪を引っ掛けてしまった。前回の山でアイゼンを引っかけて破れた穴に再び爪を突っ込んでいる。これは準備不足ですね~
d0006512_11522319.jpg

d0006512_12115862.jpg

15時40分、赤岳展望荘に到着。かなりバテてます^^;でもビールで乾杯!
d0006512_11563585.jpg

阿弥陀岳の夕焼け。明日も天気になーれ。
d0006512_11581382.jpg


5月2日 黒百合平6:40~東天狗8:44~根石岳9:20~夏沢峠10:25~硫黄岳11:50~硫黄岳山荘(12:20~12:50)~横岳14:18~赤岳展望荘15:40
[PR]
by hyaku_chan | 2010-05-04 12:02 | 日本百名山への道

南八ヶ岳縦走 その1

 GWに南八ヶ岳を縦走した。残雪期の3000mの山で、どんな状況かわからなかったものの、好天にも恵まれ今年最後の雪山を堪能した・・・
 
 福岡を夕方出発、山陽道、中央道を経て八ヶ岳山麓の美濃戸口に翌日の朝7:30頃に到着する。支度をして8時前にタクシーに乗り、40分程で渋の湯に到着する。
d0006512_1011678.jpg

登山道に入ると道は凍結している。アイゼンを着け、森の中を本日のテン場の黒百合平へ向かう。
d0006512_1045456.jpg

予定通り昼前に黒百合平に到着。素晴らしい天気で暖かい。
d0006512_1054174.jpg

テントを設営して休憩の後、中山峠方面へ散歩に出る。
d0006512_1072639.jpg

明日朝登る予定の天狗岳が見える。右が西天狗、左が東天狗。
d0006512_1084741.jpg

暖かいので夕食はテントの外で。いつもの豊富な食材と酒の軽量化を図るため、隣のテントの若者二人を誘う。
d0006512_10104286.jpg

就寝は夜8時頃。明日もいい天気かな~?

5月1日 渋の湯9:00~パノラマコース分岐10:04~黒百合平11:30
[PR]
by hyaku_chan | 2010-05-04 10:40 | 日本百名山への道

日記代わりに綴る九州の山を中心とした記録です。