ボッカトレ@三俣山

久々にボッカトレをしようと思い長者原に向かった。準備をして9時前に出発。雨上がりのお天気で山はまだ霞んでいる。
d0006512_21364751.jpg

長者原から雨が池方面に向かって歩くのは久し振りだ。登山道の整備も進んでいる。まるで屋久島なみだな~
d0006512_213744100.jpg

どこから三俣山に取り付こうかと考えている内に雨が池まで来てしまった。ここらあたりに取り付きがあるはずだが、行き過ぎたようでさっぱりわからず、諦めて坊がつるに行くことにする。
d0006512_21391661.jpg

坊がつるは野焼きの跡がまだ黒々としている。キャンプ場にはテントが5~6張り見える。ここからの取り付きを探すが、最初全く違う場所を探して全然見つからずとりあえず一度撤退。再度記憶を呼び起こしながら探すとすごい簡単に見つかった^^;
d0006512_2141785.jpg

とはいえ、急斜面のボッカは骨が折れる。ついでに雨上がりで道がぬかるみズルズルと滑りまくり。予想以上に時間がかかる。
d0006512_21435574.jpg

13時過ぎに漸く山頂付近に着いたので昼食。ここまでは風の影響があまりなかったが、山頂付近は冷たい北風が強く吹き付けるので、ちょっと南側に下った辺りでコンロを出す。
d0006512_21451854.jpg

食後はすがもり越から長者原へと戻る。後半の下りは重たいザックが肩に食い込んでくる。久し振りのボッカトレはキツかった~でも涼しくて良かったかも・・・

2011年4月23日 長者原8:45~雨が池10:05~坊がつる(10:48~11:19)~昼食(13:30~14:20)~三俣南峰14:23~すがもり越15:18~長者原16:30
[PR]
by hyaku_chan | 2011-04-23 21:55 | ぶらぶら一人旅

 春うららかな美しい日曜日、日向神の満開の山桜が花吹雪を散らし始めた頃・・・ハナタテ岩の一角に朝10寺過ぎに取り付いた・・・ラインの名はビューティフル・サンデー・・・でも誰もそうは呼ばない・・・みんな土村ルートと呼ぶ・・・
 入口は・・・道端エリアを過ぎて道路の右側にある2本のポールを通過してすぐの所に下降地点がある。川を渡渉して右にトラバースすると谷があるのでその谷を登ればいいが、滑って歩きにくいので左岸を上る。
d0006512_20385127.jpg

登り始めてすぐに分かる・・・ハナタテ岩の下部だからとナメていたわけじゃないが・・・1ピッチ目20mはかなり厳しい・・・
d0006512_20391623.jpg

折しも日向神の山桜は色とりどりに咲き誇り、この世の春を謳歌している・・・
d0006512_20393424.jpg

2ピッチ目約20mもそれなりに登りごたえがある・・・
d0006512_20395625.jpg

3ピッチ目約20m・・・漸く余裕が出てきた・・・
d0006512_20401822.jpg

4ピッチ目約40mにして力が抜けてくる・・・
d0006512_20404048.jpg

全部で5ピッチ。山頂到着は14時。山頂からの眺めは・・・ちょっと霞んでるな^^;~でもいい景色!
d0006512_2041025.jpg

帰りの林道から見るハナタテ岩はいつもよりちょっと誇らしげだった・・・
d0006512_20411710.jpg


参加者 S松、百
2011年4月17日 奥日向神キャンプ場駐車場9:30~ビューティフル・サンデー取り付き10:30~ハナタテ岩山頂(14:00~14:25)~キャンプ場15:50
[PR]
by hyaku_chan | 2011-04-18 20:47 | 真面目に山やってます

根子岳南峰~天狗縦走

 朝7時過ぎ、桜が満開の南阿蘇のテン場を撤収して待ち合わせ場所の月廻り温泉に向かう。こちらの駐車場の桜も満開だ。
d0006512_23344010.jpg

全員集合したところで大戸尾根登山口に向けて出発。登山口に着いて準備をしていると車が続々とやって来る。お天気がいいからお客さんが多い。
d0006512_2337751.jpg

前回の下見の時は1人だったが、今日はクライマーが4人、山のベテランが2人、気持ちはずっと楽である。南峰への登りは急登なので途中で一息入れる。風もなく、暑くなりそうな気配だ。
d0006512_2352571.jpg

南峰には宮崎の女性が1人。ここでクライミングギヤを身につけてからバリエーションルートへ出発する。
d0006512_23422149.jpg

谷筋を下ってから左の藪に突っ込んでⅣ峰の稜線に取り付き、ピークを越えると最初の懸垂下降だ。一番下まで降りすぎないよう注意してⅢ峰へ取り付こう。
d0006512_010540.jpg

Ⅱ峰の登りは両端が切れ落ちていてちょっと怖い。ザイルを出して慎重に通過する。
d0006512_23481680.jpg

高度感満天!
d0006512_23431622.jpg

草や灌木を掴んで岩をよじ登ったり急降下したり木登りしたりしながら高度を上げ、ついに天狗の南壁の下に到着する。チャーさん慎重にリードクライミング。
d0006512_002915.jpg

身軽なふたすじさん。
d0006512_23595053.jpg

根子岳天狗峰のピークでようやく笑顔がこぼれる。遅い昼食をとり、雄大な景色を眺めてから出発。
d0006512_23484173.jpg

天狗のコルへの下降。垂直に少し下ってから左にトラバースするといい。
d0006512_235159.jpg

地獄谷を下る。最初は急坂だが徐々に傾斜が緩やかになる。
d0006512_2343511.jpg

最後は林道に出る。後ろを振り返るとさっき登った天狗が見送ってくれている。
d0006512_23491995.jpg

夕方5時前に登山口に帰着する。全員無事に下山できて一安心だ。春爛漫の暖かな一日を阿蘇と山仲間と遊べたことに感謝!皆さん、お疲れ様でした!

参加者 マッキー、チャー、たかぽん、山ふたすじ、綾吉、百
2011年4月10日 根子岳大戸尾根登山口8:20~南峰9:55~根子岳天狗峰(14:10~14:35)~地獄谷~登山口16:45
[PR]
by hyaku_chan | 2011-04-12 23:45 | 真面目に山やってます

阿蘇 竜尾根

 定期山行の前日、天気は良いし前泊だけではもったいないと言いながら車を阿蘇方面に走らせる。ヤカタガウドの手前で、そういえばここから竜尾根に行けるね~ちょっと覗いてみましょう!と言いながら歩き始める。尾根の上を舗装道路が延びてハイキング気分にもならない。これほんまに竜尾根かな~と疑い始める^^;。
d0006512_2192445.jpg

そうこうするうち、道路は無くなり、ススキとスズタケとミヤマキリシマの藪の中に突入する。この藪こぎかなり長い・・・と、ついに竜尾根の本体が姿を現した!中央右寄りの稜線が竜尾根らしい。まっすぐ鷲が峰に向かって稜線が伸びている~では行けるとこまで行ってみましょう!
d0006512_21121666.jpg

岩へ取り付くと下がりきっていたテンションが少し上がってくる。
d0006512_21345286.jpg

d0006512_2114251.jpg

慎重に歩けば大丈夫。技術的な問題はほとんど無い。
d0006512_2135216.jpg

d0006512_21162025.jpg

もうちょっと先にいってみましょう!
d0006512_21165190.jpg

根子岳は霞んで見える。黄砂の影響かな?
d0006512_2118132.jpg

漸く鷲が峰分岐に到着。ここで遅い昼食を食べる。お天気が良くて暑いね。昼食後はこの稜線を歩くことになる。アップダウンが結構あります。
d0006512_21203398.jpg

d0006512_2122354.jpg

d0006512_21232236.jpg

漸く高岳稜線に到着。ここから日の尾峠に出てヤカタガウドを経て車に戻った。
d0006512_21354667.jpg

いいお天気で眺めも良かった~!舗装道路と藪こぎが無かったら最高だった~(笑)

参加者 たかぽん、百
2011年4月9日 登山口9:34~竜尾根~鷲が峰分岐13:31~高岳東峰稜線14:37~日の尾峠15:27~ヤカタガウド登山口15:53~登山口16:08
[PR]
by hyaku_chan | 2011-04-11 21:29 | 真面目に山やってます

日向神 道端エリア

今日の道端エリアは大盛況だった・・・
d0006512_2318176.jpg

午後からバルコニーに移動して3本登る・・・今年の新人さんは頑張るね~

2011年4月3日 日向神 道端エリア、バルコニーエリア
[PR]
by hyaku_chan | 2011-04-03 23:20 | 「東ルート」への道

根子岳西峰~天狗縦走

 早春は梢の葉が無いので普段眺めが良くない道も眺めが良くなる。こんな時期は普段眺めの良くないバリエーションも視界良好に違いない。ヤカタガウドには他に車が一台だけ。準備をして9時頃出発。登山届け場所から右に行くと西峰新道へ通じる道となる。踏み跡は明瞭だしザイルは必要ないが、枝を頼りによじ登る場所がいくつか。
d0006512_22282721.jpg

急坂を喘ぎながら高度を上げると1時間程で日の尾峠からの道と合流する。西峰の山頂はパスして縦走開始だ。
d0006512_22302913.jpg

d0006512_23141064.jpg

すぐに15mの懸垂下降がある。
d0006512_22313816.jpg

トラバースはここだけ。トラバースを避けて上に登る道もあるようだ。
d0006512_22323999.jpg

10m程の登り、それからすぐ懸垂下降。
d0006512_2236340.jpg

d0006512_22463255.jpg

d0006512_014949.jpg

ローソク岩から一気の下りは20m程ある。
d0006512_22373655.jpg

最後に天狗への壁を25mよじ登ると山頂はすぐそこだ。
d0006512_22392614.jpg

山頂で遅めのお昼ご飯を食べる。帰りは見晴新道を使う。

いいお天気に感謝!見晴新道は見晴らしが良かった~!^^;

参加者 S松、たかぽん、百
2011年4月2日 ヤカタガウド8:55~西峰新道~西峰基部10:31~ローソク岩11:55~天狗(12:40~13:10)~見晴新道~ヤカタガウド14:42
[PR]
by hyaku_chan | 2011-04-02 22:41 | 真面目に山やってます

日記代わりに綴る九州の山を中心とした記録です。