神野渓谷は花崗岩の大スラブ滝を持つ大隅屈指の沢だ。入渓地点には車が2台ほど止められるスペースがある。準備をして8時過ぎに入渓する。雨のためやや増水気味だが遡行はできそうだ。水もさほど冷たくない。それではたわし片手にいざチャレンジ!
d0006512_9192826.jpg

d0006512_9195672.jpg

ステルスのききは必ずしも良くない。岩の表面に付いている苔をたわしでこすってもビシッと決まるまで行かない。
d0006512_9201689.jpg

d0006512_9203991.jpg

それでもあちこち試登してみたり、滑ってみたり、巻いたりしながら上流へと進む。
d0006512_92159.jpg

d0006512_9212462.jpg

d0006512_921543.jpg

d0006512_9221774.jpg

途中で休憩を挟み、林道の橋をくぐり抜け、二つめの林道から脱渓する。林道を40分下って車に戻る。
あっという間の二日間だった・・・大隅半島の沢・・・また来るよ~

参加者 Pooh、たかぽん、ワタスゲ、チャー、天唐、ゆき、ひらめ、百
2011年9月19日 入渓8:20~神野渓谷~林道13:20?~車14:00頃
[PR]
by hyaku_chan | 2011-09-21 09:28 | 真面目に山やってます

 沖縄近海で台風15号が行き先を見失って迷走している頃、おバカな4人組が鹿児島大隅半島に向かった。行き先は本城川猿ヶ城渓谷。ゴルジュで有名な高隈山地の名渓である。

前日夜、九州自動車道を国分I.C.で降りて森の駅垂水に到着。寝るまでの数時間、お酒をちょっぴりたしなむ間も台風が刺激した前線はしっかり雨を降らせている。翌朝、猿ヶ城キャンプ場の駐車場にて入渓の準備。9時頃入渓する。水量は「極多」である。
d0006512_21564931.jpg

猿ヶ城渓谷は観光地としても有名で沢沿いに遊歩道や吊り橋がある。
d0006512_2214418.jpg

取水施設は水で溢れかえっている。正面に見えるのは屏風岩だ。
d0006512_2253541.jpg

「白磁の床」は普段乾いているようだが・・・今日は水びたしだ・・・
d0006512_227412.jpg

d0006512_228469.jpg

「はじらいの滝」は水量が多すぎて恥じらいがなくなっている・・・
d0006512_2292093.jpg

d0006512_2295453.jpg

普段細い水が三本流れている「三姉妹の滝」はドバーっと水が流れて「一人娘」になっている・・・
d0006512_22111544.jpg

d0006512_22113522.jpg

結局、ちょろっと浸かっただけで下見終了・・・撤退・・・

その後、鹿屋の近くの温泉に入り体を温めたあと、黒豚トンカツを食べに行く。「とんかつ竹亭本店」は鹿屋市内にあり、ロースかつ定食が800円でこのボリュームと味、キャベツは山のようにてんこ盛り。
d0006512_2224785.jpg

昼食後、夜の宴会の買い物に行くが・・・お腹いっぱいで購買意欲なし・・・
夕方、キャンプ地を探してウロウロ・・・その夜はやっぱり宴会・・・

参加者 Pooh、たかぽん、ワタスゲ、百
2011年9月18日 猿が城キャンプ場駐車場9:00~猿が城渓谷~車11:00頃
[PR]
by hyaku_chan | 2011-09-20 22:14 | 真面目に山やってます

大船山へ

 久し振りに普通のハイキングがしたくなったのでくじゅうに向かった。コースは最近お気に入りの大船山展望尾根コースだ。展望がほとんど無いのに展望尾根と言うのはいかがなものか?なーんていう意見もあるが、まだまだ陽の光が暑いこの季節には、ずっと森の中を行くこのコースは肌に優しい。

 沢水からゆっくり4時間ほどで御池に到着。お昼を食べているとガスが出てきて池の景色を塞ぐ。もう一月もすると素晴らしい紅葉が見られるこの御池も今はまだ緑一色だ。
d0006512_1064534.jpg

d0006512_1085867.jpg

昼食後は大船山頂から坊がつるへ・・・ところが、道を間違えて立中山方向へ下ってしまった・・・鉢窪の辺りの道がちょっとわかりにくいが、何とか立中山への登り道に出るとあとは山頂まで一直線。
d0006512_10135330.jpg

鉾立峠には真新しい標識が立っている。ここで、坊がつるに下った別動隊と無事合流する。
d0006512_10151534.jpg

もう風は秋の匂いがするね~

参加者 ゆう、楓子、かつら、百
2011年9月11日 沢水8:08~くたみ別れ8:34~展望尾根~御池(昼食)~大船山13:12~立中山14:50~鉾立峠15:11~くたみ別れ~沢水17:04
[PR]
by hyaku_chan | 2011-09-17 10:16 | 九州の山

サマン谷 その2

 今年の沢もそろそろ終盤。今日は今年2回目のサマン谷だ。昨年から数えると3回目。だが、毎回、沢の印象は異なる。同行のメンバーによっても変わるし、水量によっても違う。でも、それ以外にも何か違うような気がする~

 前日は尾平近くの東屋で宴会と前泊。この小屋はトイレが横に付いていてしかも10名程度の宴会ができる静かで素晴らしい場所である。どこにあるかはもちろん内緒だ。
 翌日は6時頃に起床。8時に出発する。奥嶽川の水量はいつもよりやや多め。サマン谷の入口はいつもと同じ様子である。
d0006512_13401217.jpg

最初の滝。これの印象が前回と随分違った。前回より釜が小石で埋まっている気がする。更に滝の取り付きの下に大石が置いてあり、これに乗っかるとショルダーなしでも上に上がれるようになっている。
d0006512_13403645.jpg

相変わらず水は綺麗です。
d0006512_13405460.jpg

今日は初心者が混じっている。ゴルジュでの泳ぎや突っ張りが必要なサマン谷は初心者にとってはなかなか厳しい谷だ。
d0006512_13412243.jpg

ホントに厳しい所は写真取る暇なし・・・
d0006512_13414335.jpg

いくつかの滝をどうにかこうにか突破して漸くいつものナメ滝に・・・
d0006512_1342283.jpg

最初の堰堤で・・・
d0006512_13421934.jpg

お疲れ様でした~

参加者 sawaya、くみ、あきえ、O黒、T本、百
2011年9月4日 尾平8:55~サマン谷~林道出合い?~尾平15:00?
[PR]
by hyaku_chan | 2011-09-10 13:49 | 真面目に山やってます

日記代わりに綴る九州の山を中心とした記録です。