大地川遡行~赤星山

 赤星山は瀬戸内海から新居浜の小さな平野をまたいで突き上げる標高1453mの山だ。この地形のせいで冬には雪がたくさん積もる。大地川は途中まで登山道と平行して流れるため、遡行するには便利である。山頂付近には人家がないから水も綺麗なままだ。
 登山口付近には車が数台おけるスペースがある。ここで準備をして8時前に出発。木の橋を渡ってすぐ入渓する。
d0006512_103963.jpg

水量はやや少なめで水も冷たくない。快適に水に浸かりながら遡行を続ける。
d0006512_10405866.jpg

d0006512_1042797.jpg

イワタバコ。
d0006512_10425434.jpg

この滝は左側に登山道があるので巻く。
d0006512_10433174.jpg

d0006512_10442820.jpg

ほとんどの滝は快適に登れる。
d0006512_1045637.jpg


d0006512_10455463.jpg

13時過ぎに山頂に到着。遅い昼食を食べて一般登山道を下山する。
d0006512_10462498.jpg

花に群がる蝶の群れ。
d0006512_10472877.jpg

四国の沢の第一号は家から近い赤星山の沢。水も綺麗で撤退も自由にできる手頃な沢でした。気持ち良かった~

2012年7月29日 赤星山登山口7:42~沢終了11:00頃~赤星山山頂(13:15~13:40)~登山道~登山口16:40
参加者 M武夫婦、M浦、M田、百
[PR]
by hyaku_chan | 2012-07-30 10:25 | 四国の沢

大山 三鈷峰

下界が猛暑の7月下旬、涼と花を求めて大山三鈷峰に向かった。下山キャンプ場で前泊、7時頃にキャンプ場を出発して登山口に向かう。元谷を渡る橋の上で正面に見える尖った山が三鈷峰だ。
d0006512_956323.jpg

大神山神社から登山道に入りブナの森を歩く。
d0006512_9574659.jpg

この時期は様々な花が咲いている。山アジサイだけでもいろんな色がある。
d0006512_959172.jpg

d0006512_1002338.jpg

d0006512_1004173.jpg

その他、ホタルブクロ、クガイソウ、シモツケ、カラマツソウ、ホトトギスなど・・・中宝珠越を過ぎ、ユートピアとの分岐に着くと登山者が沢山休んでいる。ここからユートピアまでが一番花が多い場所らしい。三鈷峰が見える。
d0006512_1012534.jpg

三鈷峰の山頂。
d0006512_1045427.jpg

クガイソウの群落。
d0006512_105177.jpg

ユートピア小屋。
d0006512_1054755.jpg

これはよくわからない。
d0006512_1062791.jpg

ギボウシの群落。
d0006512_107029.jpg

帰路は砂滑りを通った。砂スベリへの入口からロープを頼りに谷筋に下る。
d0006512_1075613.jpg

約8時間行動でキャンプ場に到着。暑かったけど、夏のユートピアのリベンジも果たせて良かった~

2012年7月22日 下山キャンプ場6:54~大神山神社7:16~中宝珠越え9:54~分岐10:32~三鈷峰10:51~ユートピア小屋11:50~砂走り入口12:59~大神山神社~キャンプ場14:49
参加者 M武夫婦、U島、S鞘、K原、K橋、百
[PR]
by hyaku_chan | 2012-07-23 09:52 | 中国の山

五岳山縦走リベンジ

先日の五岳山縦走は3番目の我拝師山から途中下車した。今回は全山縦走する予定で社宅を出る。お天気は最高、暑くなりそうな気がする。

社宅を出るとすぐに山が見える。一番左が我拝師山だ。
d0006512_9135178.jpg

五岳山は弘法大師で有名な善通寺の背後にある山だ。善通寺の駐車場から香色山に登り、一旦下って再び筆の山に登る途中で讃岐富士(飯野山)が見渡せる。
d0006512_9152552.jpg

筆の山からは我拝師山、中山、火上山が見える。一番右が火上山。
d0006512_9191788.jpg

我拝師山から中山に行く途中で後ろを振り返るとこの景色。
d0006512_9203956.jpg

火上山を下り国道11号に出てから頭の中にある地図を頼りに五岳山の南側斜面沿いに帰ろうともがいたが、道路や山林に阻まれてついに水がなくなった。
仕方ないので、国道沿いに北側から帰るべく猛暑の路上を歩く。下山から3時間以上かかって、3.5リットルの水を飲み干し、ついに帰宅。
d0006512_9213857.jpg


山より道路の方が疲れる~

2012年7月16日 社宅8:45~香色山9:19~筆の山10:12~我拝師山11:54~中山12:43~火上山13:17~社宅(五岳山縦走)
[PR]
by hyaku_chan | 2012-07-17 09:10 | 四国の山

梅雨の晴れ間を期待して九州脊梁山地川辺川水系さかいの谷川に向かった。二本杉峠で前泊して早朝吐合の集落から入渓しようとしたが、水量が多くて本流の徒渉が無理と判断、一度国道に戻り下屋敷の集落付近から再びさかいの谷との出合いまで走る。沢そのものは1/3程度のショートカットになる。

準備を整えて7時半頃入渓。水量は多いが水はそれほど冷たくない。
d0006512_924687.jpg

山は最初ガスがかかっていたが段々晴れてきたようだ。
d0006512_925223.jpg

吐く息は白いが空は徐徐に明るさを増し始める。
d0006512_9264045.jpg

d0006512_9281921.jpg

大岩小岩を乗っこしながら進むと最初の滝が現れた。ヌメリはそれほどないが途中で一カ所ナッツでランニングを取り沢さんが後続を引き上げる。
d0006512_9293548.jpg

その後しばらくは滝はなし。
d0006512_9312954.jpg

大岩の上に根を生やした大きな木。
d0006512_9323077.jpg

もう滝はないかな~と思ったら15mの滝が出現。沢さんリードで2/3の高さのテラスの手前でハーケンを一枚打ちランニングを取る。その上はかなりヌメルので左手の灌木にランニングを取り滝頭へ。
d0006512_9335918.jpg

さらに上流へ進むとやがて水は涸れて林道に出る。時間があるので登山道を伝って五家宮岳の山頂へ。昼頃山頂に到着。
d0006512_9395639.jpg

昼食を食べ山頂から西に伸びる登山道を通って林道に出る。
d0006512_9425348.jpg

延々と林道を歩いて取り付きに戻る。手前で今日登った谷が良く見渡せるポイントがあった。
d0006512_9442210.jpg

風はまだ真夏ほど暑くない。夏本番はこれから。水のきれいな沢だったな~

参加者 沢グルメ、綾吉、Pooh、ワタスゲ、S松、百
2012年7月8日 さかいの谷取り付き7:30~さかいの谷~五家宮岳1538m(11:54~12:15)~林道出合い13:14~取り付き14:30頃
[PR]
by hyaku_chan | 2012-07-09 09:20 | 九州の沢

高知の旅

7月の始めの梅雨の最中、高知に旅をした・・・・
 
富ちゃんは高知の生まれだ。ほとんど独学で植物学を学び、東大の講師になった。子供は13人もいたらしい。彼を偲ぶ植物園は高知市の東の高台の上にある。
d0006512_18174062.jpg

d0006512_18195911.jpg

d0006512_18203889.jpg

d0006512_18202683.jpg

牧野富太郎、日本で一番有名な植物分類学者だ。

万ちゃんは足摺岬のすぐ近くの漁師の家に生まれた。ある時船が遭難してアメリカの船に拾われ、その船でアメリカに行き英語を学び見識を広め、10年後に帰国して幕府の要職に着いた。
d0006512_18272535.jpg

ジョン万次郎、

天狗の鼻から見た足摺岬灯台
d0006512_18282416.jpg

21世紀に残したい日本の風景、四国第一位。

四国霊場 第38番 金剛福寺 足摺岬の先端の横にある。
d0006512_18301222.jpg


竜串海岸の奇岩 
d0006512_18312951.jpg

d0006512_1833154.jpg


日本最後の清流 四万十川
d0006512_18334073.jpg


2012年6月30日~7月1日
[PR]
by hyaku_chan | 2012-07-03 18:15 | 家族サービス

日記代わりに綴る九州の山を中心とした記録です。