<   2013年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

剣山

今年の冬は寒い。数日前に降った雪がたっぷり残っていそうな剣山に向かうことにした。剣は登ったことがあるので、隣の次郎笈にも足を伸ばそう~

善通寺で集合し、国道を南下する。満濃を過ぎると剣山の標識が出てくる。ヘアピンカーブの随分手前から雪道となる。道路上の雪は気温が低いため圧雪状態となっている。気温は-5℃位だ。9時頃見ノ越に到着。9:20に歩き始める。
d0006512_7501755.jpg

トレースの付いた道を登っていくと空が青く晴れ始める。今日はいい天気になりそうだ。
d0006512_751093.jpg

10時半頃、リフトの山頂終点の西島駅に到着。ここから山頂へ向かう道は3つあるが、トレースが付いた道は一番東側の稜線を歩く道だけ。
d0006512_7521822.jpg

稜線沿いに高度を上げると雲海荘が見えてくる。
d0006512_755984.jpg

昼食は山頂ヒュッテの横の風のない場所でとる。
d0006512_7563167.jpg

山頂付近の雪は風で飛ばされてあまりない。眺め最高~
d0006512_7574821.jpg

次郎笈に向かう道で雪が深くなるのでスノーシューとワカンジキをはく。
d0006512_7584491.jpg

スノーシューもワカンもない1名が先にノートレイスのトラバース道を通って西島に向かうことにし、他3名は次郎笈に向かう。
d0006512_7595163.jpg

13:40分、時間切れで次郎笈は諦め、西島に向かうことにする。剣山の景色が良く見える。
d0006512_814395.jpg

トラバース道は雪が深い。GPSで確認しながら進むと次第に道がはっきりしてくる。それでも、夏道で40分のところを2時間以上かかって通過する。
d0006512_831294.jpg

16時過ぎに西島に到着。風はなく、夕暮れに近い景色が綺麗だ。一番最後の坪足組も遅れて到着。
d0006512_864074.jpg

西島からは快調に下山。17:20見ノ越着。いい天気だったな~

参加者 M浦、Y本、M田、百
2013年1月20日 見ノ越9:20~西島10:32~剣山(11:34~12:25)~次郎笈手前13:44~山頂西側トラバース道~西島16:10~見ノ越17:20
[PR]
by hyaku_chan | 2013-01-20 07:40 | 四国の山

笹ヶ峰

年末会山行が笹ヶ峰であったが帰省のため参加できなかったのがちょっと残念なので行ってみることにした。
いよ西条I.C.で高速を降り下津池から登山口に向かう。道は所々凍結している。8時前に登山口着、準備をして歩き始める。車は手前に1台、すぐ後ろからの1台だけだ。

d0006512_6531842.jpg

登山道の雪は多くないが凍結している部分があるので途中でアイゼンを装着する。
d0006512_6542549.jpg

10時前に丸山荘に到着。扉を開けて中に入ると声はするが人影は見えないのでそのまま歩き始める。
d0006512_6553669.jpg

丸山荘を越えると雪がちょっと深くなるがワカンを着けるほどでもない。
d0006512_6564284.jpg

11時過ぎに山頂着。寒いが眺めはいい。
d0006512_6572742.jpg

昼食を食べ、紅葉谷から丸山荘へ向かうことにする。
d0006512_6584152.jpg

稜線上はクラストができてアイゼンが必要だ。吹きだまりには雪が多い。
d0006512_659263.jpg

紅葉谷から雪が深くなりラッセル状態。下りなのでキツくはない。
d0006512_703757.jpg

丸山荘に着くと管理人らしき人が紅葉谷からの道について聞いてきた。この冬ここを下ったのは二人目だったらしい。
14時過ぎ登山口に到着。
d0006512_721654.jpg

雪が溶けたらまた来よう~

2013年1月13日 登山口8:00~丸山荘9:44~笹ヶ峰(11:16~11:45)~紅葉谷~丸山荘13:06~ゆ登山口14:12
[PR]
by hyaku_chan | 2013-01-13 06:45 | 四国の山

讃岐富士

岡山から瀬戸大橋を渡って四国に来ると富士山のような円錐形の山が真正面に見える。
それが飯野山、別名讃岐富士だ。標高は約422m、したがって、4月22日は飯野山の日である。

近くに住みながら、今日まで登らなかったのは理由がある。まず、標高が低いので夏は暑い。近いからいつでも登れるという安心感。他にもっと近い山があるのにまだ登ってないこと・・・
正月が明けて1と3がクリアしたのでようやく登る気になった。登山口は3カ所ほどあるが、一番わかりやすい南側の登山口にする。駐車場は10台程度の車が駐車でき、トイレもある立派な登山口だ。
d0006512_21321979.jpg

9:40登山開始。荷物も殆ど無いので軽快に高度を稼ぐ。
d0006512_21344798.jpg

冬でも急登は汗をかく。40分ほどで山頂に到着。山頂の眺めはいまいちだが、色々建造物がある。
d0006512_21372693.jpg

d0006512_21374037.jpg

d0006512_21375674.jpg

帰りは往路を戻る。

今度は別の登山口から登ろ~

2013年1月12日 飯野山登山口9:40~山頂10:20
[PR]
by hyaku_chan | 2013-01-12 21:19 | 四国の山

初登りは久住山へ

d0006512_10284579.jpg


冬場の四国と九州との往復は雪道に不安がある。山陽自動車道は山口県内で山間部を走る場所があり、移動は大抵夜間が多い。夜間の雪道でチェーンの取り付け取り外しはしたくない。というわけで、今回スタッドレスタイヤを装備した。

1月4日、初登りとタイヤの試運転を兼ねてくじゅうに向かう。九重I.C.で高速を降り、四季彩道路を通って長者原を過ぎ赤川登山口に向かう。登山口の気温は-7℃と低いが空は晴天の兆しだ。9時頃に赤川を出発、風はなく、登り始めるとポカポカと暑くなる。
d0006512_1151841.jpg

阿蘇や祖母連山の眺めも良い。今日は最高の天気になりそう・・・
d0006512_10422261.jpg

山頂付近の木々は霧氷が着いている。
d0006512_10434699.jpg

積雪量は多くないが真っ白。
d0006512_1044429.jpg

約2時間半で山頂に到着。殆ど汗もかかずに登ってきた。
d0006512_10452880.jpg

南側は雪が少なかったが、久住山から北側は真っ白。中央は大船山、その左側は中岳。
d0006512_10462947.jpg

中央は三俣山。
d0006512_10472828.jpg

帰路は稲星山との鞍部に出て南登山口コースで下る。
d0006512_10475316.jpg

猪鹿狼寺跡の下で右折すると赤川登山口は近い。
d0006512_10485215.jpg

14時半頃に赤川登山口に到着。温泉に入り、体を温めて日田経由で帰宅。初登りは終始最高のお天気。
今年の山の運勢やいかに~

参加者 S松、楓子、百
2013年1月4日 赤川登山口9:05~久住山(11:36~12:15)~猪鹿狼寺跡13:57~赤川登山口14:28
[PR]
by hyaku_chan | 2013-01-05 10:40 | 九州の山

日記代わりに綴る九州の山を中心とした記録です。