一ノ森~剣山~次郎笈

剣山にボッカトレに出かけた。
家を6:30に出発、見ノ越に8:30に到着すると雨が降っているが登山客で賑わっている。雨宿りができる駐車場に車を止め、準備をして9:00に歩き始める。
d0006512_9154589.jpg

西島の駅を過ぎ、一ノ森へのトラバース道に入ると岩場がある。
d0006512_917215.jpg

この辺りはまたキレンゲショウマの群生地として知られる場所だ。開花期は例年8月中旬なので、この時期はまだ咲いていない。穴吹川源流の碑がある。
d0006512_9201918.jpg

11時過ぎに一ノ森に到着。少し早いが昼食を食べる。雨が上がって涼しい風が吹いている。
d0006512_9205910.jpg

昼食を食べ、剣に向かって出発。振り返ると一ノ森からの登山道が綺麗だ。
d0006512_9211749.jpg

12:30頃、剣の山頂に到着。山小屋付近は人が多いが、山頂は閑散。山小屋まできて満足しているのか?
d0006512_9222255.jpg

山頂から少し下った場所でガスが晴れ、次郎笈の山頂が姿を現した。
d0006512_923575.jpg

13:30頃、次郎笈に到着。気温が上がってきた。
d0006512_92542.jpg

次郎笈から剣の手前に戻り、トラバース道で西島へ戻る。まだ沢山登山客がいる。
d0006512_9255837.jpg

見ノ越に15時過ぎに到着。最後はいい天気になって良かった~
d0006512_9312217.jpg


2013年7月28日見ノ越9:00~一の森11:17~剣山12:29~次郎笈13:29~見ノ越15:13
[PR]
by hyaku_chan | 2013-07-28 09:11 | 四国の山

久しぶりに九州脊梁山地の沢登りに行く。
九州道を松橋で降り、二本杉峠を越えて八八重から林道を上る。道は舗装されて綺麗になっている。
d0006512_8444246.jpg

準備をして11時過ぎに林道を歩き始める。1時間ほど林道を歩き、樅木本谷に入渓。水が濁っているので通りがかった釣り人に聞くと、上流で工事をしているとのこと。
d0006512_847532.jpg

濁り水の中を進むが気持ちのいい沢登りとは言えない。
d0006512_848855.jpg

14:30頃、工事現場を抜けてヒガエリ谷の入口に到着。ここは以前、マタロク谷の遡行で来た場所だ。
d0006512_8485758.jpg

ここからは綺麗な水となる。快適に沢を遡行する。
d0006512_852291.jpg

d0006512_852543.jpg

15:00過ぎからテン場を探し始め、16:00頃テン場に到着。タープ設営、宴会開始と同時に土砂降りの雨。

翌日はゆっくり朝食を摂り、8:00頃歩き始める。
d0006512_8555023.jpg

沢の原頭が近づく頃、脊梁の癒やしの森が現れる。
d0006512_8565189.jpg

d0006512_8573413.jpg

9:00前、稜線に出る。ここから登山道と合流し、国見岳までは快適な道だ。
d0006512_912290.jpg

d0006512_905457.jpg

10:00前、国見岳に到着。視界はあまり良くないが涼しい。
d0006512_92165.jpg

その後は登山道を歩いて林道に下り、車まで戻る。久しぶりの癒やしの沢。九州脊梁の夏を楽しんだ二日間だった。
d0006512_9321877.jpg


参加者 沢グルメ、ISO、綾吉、ピロコ、SAT、百
2013年7月13日 車11:08~樅木本谷入渓12:14~ヒガエリ谷入口14:30~テン場16:00頃
2013年7月14日 テン場8:00~国見岳山頂9:56~林道11:34~車
[PR]
by hyaku_chan | 2013-07-14 08:38 | 九州の沢

滑床渓谷

 今年の四国の沢始めはナメで有名な滑床渓谷。渓谷沿いに登山道が走るので撤退自由の安全な沢だ。
高速を降り、宇和島の町中を通って前泊地の成川渓谷キャンプ場に行く。滑床渓谷のキャンプ場は猿が出没すると聞いてやめたが、成川キャンプ場の方に訊くと、ここもたまに出るという。
 
 ところで、成川渓谷キャンプ場は料金無料、テントサイトは木のテラスになっていてトイレも炊事場もすごく綺麗である。文句なしにお勧めのキャンプ場だ。

当日は4時半起床。準備をして6時前に出発。滑床渓谷の万年橋の駐車場に着いて、準備をして歩き出したのが予定どおり7時。
d0006512_17263759.jpg

万年橋の下から入渓するとすぐにナメがある。
d0006512_1727359.jpg

d0006512_1728297.jpg

これが有名な雪輪の滝。何となく登れそうな気がする。
d0006512_17285668.jpg

その先はゴルジュが続くので一旦登山道に出る。ゴルジュが終わった頃、沢に戻る。
d0006512_17341128.jpg

d0006512_17343832.jpg

ちょっとした登攀もできる。
d0006512_17345469.jpg

奥千畳から左にぐるっと旋回。
d0006512_17362692.jpg

d0006512_173725.jpg

徐徐に水量が少なくなる。
d0006512_17375073.jpg

原頭を抜けて少し歩くと登山道がある。これを登ると三本杭の山頂に出た。
d0006512_17401930.jpg

帰りは一般登山道を使って下山。森の国ぽっぽ温泉に浸かって帰宅。
楽しかった~
d0006512_17455234.jpg


参加者 M武♂♀、M浦、M田、H里、N山、百
2013年7月7日 万年橋7:00~雪輪の滝8:21~奥千畳10:00~三本杭(12:11~12:36)~御祝山13:31~万年橋15:22
[PR]
by hyaku_chan | 2013-07-07 17:14 | 四国の沢

日記代わりに綴る九州の山を中心とした記録です。