今日の沢は樅木本谷の西側、五家宮岳に突き上げるアクソ谷だ。早朝福岡を出発して二本杉峠から五家荘に入る。いいお天気だ。林道に車を止め、100mほど下降して樅木本谷に出る。
d0006512_21271625.jpg

樅木本谷を少し下るとすぐにアクソ谷の入口がある。下図は樅木本谷。
d0006512_21273358.jpg

適度な傾斜で登れる滝が沢山ある。
d0006512_21274949.jpg

水はさほど冷たくない。
d0006512_2128447.jpg

がんがん登ろう。
d0006512_21282027.jpg

流木にワイヤーがちょっと邪魔だが、手がかりにもなる。
d0006512_21283517.jpg

今日のシャワークライミングは濡れても寒くない。気持ちいい~
d0006512_21285140.jpg

d0006512_2129724.jpg

沢を抜けるとガレ場に。気温が上がり、汗が滝のように流れる。
d0006512_21292590.jpg

久しぶりにスズタケの藪を漕ぎ、14時過ぎ、五家宮岳の山頂に到着。稜線を北へ移動し、尾根を下る。
d0006512_21294580.jpg

ここからが結構な核心。最後は落石に注意しながら樅木本谷に下り、再び100mの崖を登り返して車に戻る。よく歩きました、というか、暑かった~
d0006512_21352010.jpg


参加者 Sg、Aya、Iso、Shimo、Shige、Wata、Hyaku
2014年7月26日 車9:30~樅木本谷10:00~アクソ谷10:40~五家宮岳14:13~樅木本谷16:45~車17:21
[PR]
by hyaku_chan | 2014-07-29 21:35 | 九州の沢

朝5時起床。7時前にテン場を出発する。今日は晴れそうな雰囲気だ。
d0006512_21311590.jpg

晴れているので水温も高く感じる。
d0006512_21313371.jpg

がんがん登る。
d0006512_21315188.jpg

d0006512_2132132.jpg

d0006512_21332922.jpg

やがて水が涸れガレ場を登る。
d0006512_22481938.jpg

榎峠のピークには何もない。見晴らしもない。ここから鬼の目山への稜線を右俣へ向かう。
d0006512_21335117.jpg

右俣の原頭付近。いい雰囲気だ。
d0006512_21343499.jpg

滝の上の谷はナメが多く美しい。遡行しても楽しいに違いない。
d0006512_21345378.jpg

滝頭の横の大岩の上から落水滝を見る。この後、滝の左岸を巻いて降りる。
d0006512_21351731.jpg

落水滝。空から優しい飛沫が降り注ぐ。
d0006512_21354999.jpg

滝からは一般道と林道を通って車へ戻る。着替えているとまたもヒルのお出まし。家に持ち帰らないよう注意しましょう~。皆さんお疲れ様でした。
d0006512_22374045.jpg


参加者 Pooh,Char,Shige,Hyaku
2014年7月21日 テン場6:50~榎峠9:25~右俣入渓11:17~落水滝12:40~車14時頃
[PR]
by hyaku_chan | 2014-07-22 21:24 | 九州の沢

落水(おつるみず)谷は祝子川ダムに注ぐ谷だ。祝子川ダムの上流を渡り、祝子川神社の横を通って林道に入る。途中から土砂降りになるが、暫くすると晴れてくる。途中、倒木が林道を塞いでいるため、車を置いて徒歩で入渓地点まで移動する。
d0006512_20563197.jpg

ここからすぐ入渓すれば良かったが、道迷いで下流をウロウロ、結局入渓は14時になった。
すぐに大きな滝がある。ここは高巻いて通過。
d0006512_2105567.jpg

綺麗な三段滝。
d0006512_2121320.jpg

お天気は降ったり止んだりだが沢の中であまり気にならない。
d0006512_2123815.jpg

ヌメる場所も多いががんがん登る。
d0006512_212553.jpg

d0006512_2131213.jpg

d0006512_2133152.jpg

深くえぐられた花崗岩の岩肌。
d0006512_214925.jpg

d0006512_2142870.jpg

夕方になり、テン場を探しながら歩いて平で広いテン場を発見。タープを張り、服を着替えると、ヒルがお目見えする。被害者二名。夜中もヒルとの格闘が続いたらしいが、私は知らんかった~

参加者 Pooh,Char,Shige,Hyaku
2014年7月20日 車13:00~落水谷左俣14:00~テン場17時頃?
[PR]
by hyaku_chan | 2014-07-21 20:35 | 九州の沢

日記代わりに綴る九州の山を中心とした記録です。