1年半振りに比叡に行く。前夜、庵に泊まり、翌朝起きると晴天だ。9時前にトイレ横の駐車場に到着。準備をして取り付きに向かう。暑くて汗だく。今日は間違わないで登れるかな~
「奥の横道」を登るsg、aya。
d0006512_23502575.jpg
フォローするwata
d0006512_23505620.jpg
暑くて暑くて・・・
久々の好天だった。
d0006512_23511440.jpg
参加者 iso、miwa、sg、aya、wata、hyaku
2014年9月28日 比叡山 Ⅰ峰 奥の細道ルート

[PR]
by hyaku_chan | 2014-09-29 00:02 | 九州の岩

八面山 上部エリア

八面山に行くのは初めてだ。朝、八幡のメンバー宅に集合してから八面山に向かう。岩場は駐車場から歩いて5分ほど。
準備をしていると知り合いが沢山やってくる。
d0006512_18454428.jpg
バースデー(5.10d)を登るPoohさん。

d0006512_18452583.jpg
この日登ったのは、カプチーノ(5.9)、鯉の滝登り(5.9)、フレンド(5.10b)、バースデー(5.10d)
とにかく、バースデーなんで、頑張りましたっ!

参加者 SG、Pooh、Char、Wata、Hyaku
2014年9月21日 八面山 上部エリア



[PR]
by hyaku_chan | 2014-09-21 18:38 | 九州の岩

上の小屋谷遡行 その2

前夜早めに寝たら夜中に目が覚めたのでまたちょっとアルコールを入れて二度寝する。朝起きるとまだ何となく二日酔い・・・
d0006512_13414456.jpg
準備をして8時過ぎに出発。今日は晴れて欲しい。
d0006512_13415976.jpg
朝の気温は低めだ。落っこちないよう慎重に行きましょう!
d0006512_13420914.jpg
20mの滝。
d0006512_13422251.jpg
光ってるでしょ?いい天気になってきました。
d0006512_13423177.jpg
高巻きも微妙。直登できる滝は直登しましょう!
d0006512_13424377.jpg
30mの滝。ここで本流遡行を中止して右の谷から尾根沿いに林道へ抜ける。
d0006512_13425620.jpg
斜め滝を登る。
d0006512_13430514.jpg
12時過ぎに林道に出る。林道を30分ほど歩いて雷坂へ下る下山道に出る。快適な道だ。
d0006512_13432025.jpg
最後のピークの手前から藪となった。暫くウロウロして無事登山口に下山。
d0006512_13432614.jpg
この標識、道路から見えないんだよね~

九州を代表する「上の小屋谷」、下部は退屈でしたが、上部は沢山滝があって楽しめました。今度は釣り竿もってこよう~

参加者 Pooh、たかぽん、しげ、ワタ、百
2014年9月14日 テン場8:18~30m滝~林道12:10~下山道入口(雷坂)12:47~登山口15:12
[PR]
by hyaku_chan | 2014-09-20 14:01 | 九州の沢

上の小屋谷は国見岳の東側にある耳川の支流で、福岡からのアクセスは内大臣林道の椎矢峠を越えて南下するのが近道だが、内大臣林道は広河原辺りで通行止めとなっているらしい。今回は五ヶ瀬から椎葉湖の横を通って尾前渓谷から入る。福岡から4時間半近くかかって不土野の雷坂登山口に到着。準備をして9時頃出発する。
上の小屋谷への入渓は橋の横からできるが、直後にゴルジュとなっている様子なので、登山道で690mのピークに出てから沢に降りる。
d0006512_09484581.jpg
上の小屋谷の下部は平坦でほとんど登りがない。平坦な沢を延々と歩く。
d0006512_09495985.jpg
時々雨が降る。気温は高くないがさほど寒くもない。10:30頃林道の下を通過する。
d0006512_09490340.jpg
上の小屋谷は水量の豊富な谷だが、この日は雨上がりなので更に増水している。
d0006512_10102399.jpg
標高は殆ど上がらない。濡れると寒いので小滝はへつる。が、滑ってドボン。
d0006512_10192960.jpg
ステルスが殆ど利かない岩や石が沢山ある。滑らないように用心すると足がすくむ。思い切って飛ぶと、つるっ、ドボン。
d0006512_10190124.jpg

d0006512_10191690.jpg
d0006512_10182711.jpg
d0006512_10184218.jpg
夕方になっても晴れ間は出てこない。テン場を探しながら遡行するとゴルジュを抜けたところに理想的なテン場を発見。二股を北へ向かい、大きく左にカーブした辺りだ。16時頃遡行終了。
d0006512_10322287.jpg
参加者 Pooh、たかぽん、しげ、ワタ、百
2014年9月13日 雷坂登山口9:00~上の小屋谷~テン場16:00過ぎ


[PR]
by hyaku_chan | 2014-09-20 10:03 | 九州の沢

くじゅう周回

お天気の良くない週末が続く中、何とか山に行けるかな~という予報になったので、久しぶりにくじゅう周回をすることにする。7時過ぎに牧の戸峠に着くと、駐車場はもう9割方車で埋まっている。
d0006512_07092662.jpg
準備をして7:30に出発。お天気が良くないせいか、気温は低めだ。北千里に来ると久住山の姿が見える。何とか山頂が見える。
d0006512_07100720.jpg
2時間程で久住山に到着。休憩後、稲星山、中岳、天狗ヶ城と廻るがどちらも山頂はガスの中だ。
d0006512_07101930.jpg
d0006512_07103278.jpg
くじゅう分かれで早めの昼食を食べていると星生山が完全にガスの中に隠れたので下山開始。北千里辺りで雨が降り出したのでカッパを着て下山。12:20に牧の戸峠に到着。こんな天気でも登山客が多いのだから昔に比べて増えたんだろうね~

2014年9月7日 牧の戸峠7:30~久住山9:27~稲星10:03~中岳10:29~天狗が城10:44~牧の戸12:20

[PR]
by hyaku_chan | 2014-09-08 07:08 | 九州の山

英彦山へ

週末になると、雨、雨、雨・・・の8月、ようやく晴れそうな予報に、とりあえず朝起きて晴れたら山へ行こうと思いつつ就寝。朝、起きると晴れている・・・英彦山にでも行くかな~?

時間がないので、別所Pから鬼杉コース山頂経由で下山にする。別所Pを9時15分頃出発。

d0006512_20423267.jpg
雨が続いたせいか、山の中はまだ濡れている。沢の水量も多い。1時間ほどで玉屋神社に到着。
d0006512_20434072.jpg
別所Pには登山客が沢山いたが、この道を通る人は少ない。それでも鬼杉で2名のハイカーに追いつく。お腹が空いたので鬼杉で早弁。
d0006512_20434934.jpg
南岳への石段で先ほどのハイカーを追い越し、12時過ぎに英彦山山頂に到着。休憩所が新しくなっている。トイレも2つ併設されている。山ガール、山ボーイも沢山!
d0006512_20435671.jpg
d0006512_20440205.jpg
4時間半で下山。涼しかった~!

2014年8月30日 別所駐車場9:14~玉屋神社10:08~鬼杉10:56~英彦山12:23~別所P13:45

[PR]
by hyaku_chan | 2014-09-01 21:03 | 九州の山

日記代わりに綴る九州の山を中心とした記録です。