御前~釈迦を歩く

御前~釈迦を久しぶりに歩いてみたくなった。転居して以来初めてかも知れない。久留米市街を通って黒木から矢部村へと入る。8時過ぎに登山口に到着する。登山口は綺麗に整備されている。
d0006512_22140516.jpg
最初は沢に沿って歩く。何度か沢を徒渉する。暫くして沢から離れ、急な斜面を登ると林道に出る。林道を少し左に移動し、更に登山道を登ると御前岳の山頂に出る。
d0006512_22172226.jpg
ここから縦走路となる。視界はあまりないが、アップダウンの少ない歩きやすい道が続く。ふと正面を見ると釈迦岳とレーダードームが見える。
d0006512_22191729.jpg
小一時間で釈迦岳の山頂に到着。登山者が一人。
d0006512_22203459.jpg
この辺りからは御前岳が見える。円錐形の形の山だ。
d0006512_22205651.jpg
レーダーの横で休憩後、下山する。ところが林道に出て左に曲がらなければいけないのに、感覚で右に曲がってしまった。GPSにもしっかり証拠が・・・しかし、このおかげで、「ウド」が沢山採れた。夕食はウドの天ぷらでビール!道を間違えるのもいいもんだ~
d0006512_22233304.jpg
2015年5月17日 杣の里登山口8:15~御前岳9:41~釈迦岳10:32~林道~登山口12:30

[PR]
by hyaku_chan | 2015-05-18 22:08 | 九州の山

ヤマシャクヤクを見に天主山に出かけた。以前、天主山に行った時は内大臣林道の椎矢峠から登ったが、今回は鴨猪新道登山口から登る。登山口の手前で車を止め、登山口を9時前に出発する。
d0006512_00260268.jpg
この道は、尾根伝いにひたすら南下して山頂に向かう道だ。最初の急坂を登るとその後はちょっとマシな急坂をひたすら登り続ける。1時間ほどで天主の舞台に到着。天主山の山頂付近が見える。
d0006512_00274425.jpg
さらに登り続けると9合目付近から石灰岩とともにヤマシャクが登場する。
d0006512_00285130.jpg
その後はヤマシャクヤクの群落が続く。
d0006512_00294066.jpg
11時過ぎに山頂着。
d0006512_00304321.jpg
昼食まで時間があるので椎矢峠側に少し下ってみる。
d0006512_00315865.jpg
d0006512_00322001.jpg
ヤマシャクヤク以外にも白い花をつけた木が沢山、登山道沿いにも白い可憐な花々が・・・・
d0006512_00325462.jpg
d0006512_00342003.jpg
d0006512_00345092.jpg
d0006512_00351684.jpg
d0006512_00353421.jpg
d0006512_00371718.jpg
d0006512_00390745.jpg
帰路は往路を戻る。爽やかな五月の風と新緑とヤマシャクヤク咲き乱れる天主山に感謝!
d0006512_00504143.jpg
参加者 楓子、百
2015年5月10日 車8:30~鴨猪新道登山口8:50~天主の舞台9:58~天主山11:15~昼食(12:00~12:30)~天主山13:07~登山口14:51

[PR]
by hyaku_chan | 2015-05-11 00:40 | 九州の山

右田ヶ岳 勝坂の岩場 

GW最終日はいいお天気になりそうなので右田ヶ岳の登山&クライミングに出かけた。
天徳寺の駐車場に車を止め、寺の境内を抜けて登山道を上がる。寺の境内からは山が良く見える。
d0006512_23203623.jpg
登山道にはこんな彫刻が沢山ある。
d0006512_23222399.jpg
1時間20分で山頂に到着。とても見晴らしがいい。
d0006512_23242120.jpg
抜群の眺望!
d0006512_23251969.jpg
勝坂の岩場はこんな感じだ。
d0006512_23261478.jpg
「ZEN 5.10a」を登る。離陸が難しいが、この3ピン目の上がもっと難しかった。charさん渾身のクライミングでクリア。
d0006512_23270852.jpg
快晴の一日、2015年のGWも終わりだな~

参加者 char,pooh,wata,hyaku
2015年5月6日 天徳寺P9:47~右田ヶ岳山頂11:07~勝坂の岩場(ZEN 5.10a)~天徳寺P

[PR]
by hyaku_chan | 2015-05-07 23:31 | 九州の岩

GW前半の天気は微妙。屋久島に行くのを中止し、前夜夜中まで鳩首検討した結果、古祖母山南面のつが谷左股に1泊で行くことにする。沢中泊で障子岳に登る予定だ。

時間が早いので南阿蘇から天岩戸を目指す。尾平越えトンネルの手前で左折して林道を進み、土呂久川上流のつが谷を越えてすぐの広場に車を駐車。入渓は10時過ぎ。すぐに大きな滝がある。
d0006512_18220490.jpg
この入渓地点のすぐ横には障子岳への一般登山道の入口があり、その道を辿って滝の左を巻く。更に進むとまた滝が出現。ここはPoohさんリードで滝の右を登るが、カムをセットする場所はない。
d0006512_18243876.jpg
新緑が綺麗だ。水は冷たいが全身浸からなければ快適。
d0006512_18270561.jpg
ここもPoohさんリード。カム2本でランニングを取る。
d0006512_18282957.jpg
登れる滝も多いが、シャワークライムには寒い。
d0006512_18310588.jpg
釜の横を慎重にへつる。
d0006512_18322194.jpg
へつりの後は斜め滝。
d0006512_00584008.jpg
なかなかの美瀑です。Poohさん泳いで滝の下部でポーズ。でも泳がないとたどり着きません。おー寒っ!
d0006512_18331700.jpg
見た目より簡単な滝。
d0006512_18352915.jpg
右を巻く。
d0006512_18363077.jpg
所々にミツバツツジやアケボノツツジが咲いている。
d0006512_18401038.jpg
人工的に作られたような滝。この上辺りにテン場を作る。
d0006512_18411966.jpg
15時頃、テン場に到着。タープを張り、焚き火に火を点し、夕食準備、宴会・・・夕方、満月に近い月が傘をさしている。明日晴れたら障子岳に登るのだけど、明日は雨かな~
d0006512_18422810.jpg
翌日朝、目を覚ますと濃い霧がかかっている。暫くして雨粒が落ち始める。タープを撤収し、一般道を下山する。1時間程で駐車場着。
d0006512_18522388.jpg
皆様、お疲れ様でした。今年の初沢、快晴、新緑、小滝登攀、焚き火、一泊宴会付きで堪能しました。

参加者 Pooh、Shige、Wata、Hyaku
2015年5月2日 林道横駐車場10:13~つが谷・左股~登山道出合15:00(泊)
    5月3日 テン場7:10~一般登山道~駐車場8:08

[PR]
by hyaku_chan | 2015-05-03 18:56 | 九州の沢

日記代わりに綴る九州の山を中心とした記録です。