北谷登山口から親父岳方面へ向かうと最初に徒渉する沢が本谷、その谷を障子岳方面へ遡行する。

この時期の祖母山はオオヤマレンゲの見物客で登山口は満員だ。少し手前の駐車場にかろうじて入り、親父岳方面へ向かい、沢に入る。水は冷たいが綺麗だ。
d0006512_13193822.jpg
朝の内はあまり寒くなかったので気にせずに水に入る。
d0006512_13212872.jpg
小滝が適度にある。新緑も綺麗だ。
d0006512_13223180.jpg
じゃぶじゃぶ浸かっているとだんだん寒くなってきた。
d0006512_13230687.jpg
d0006512_13241723.jpg
d0006512_13254809.jpg
d0006512_13260971.jpg
d0006512_13264336.jpg
d0006512_13271332.jpg
この沢は水の中でもゴムソールはツルツルだ。多分、普段ほとんど水が流れていないので、普段は水の中ではないのだろう。
とにかく、ツルツルで疲れる。
d0006512_13335142.jpg
d0006512_13341826.jpg
大滝の後、水が涸れ、障子岳へ続く稜線を登る。障子岳に13時着。登山道を辿り、祖母山頂に14時半頃着。この手前で脚がツル。後から考えると、沢に入ってから祖母山頂まで水を300ccほどしか飲んでなかった。沢で体が冷えて水を飲む気にならなかったのと、喉が渇かなかったのが原因。祖母からの下山中に残り200ccを飲む。途中、オオヤマレンゲのお出迎えあり。

d0006512_13343502.jpg
d0006512_13405180.jpg
この時期の祖母山、新緑、爽やかな風、オオヤマレンゲ、来る価値あるな~

参加者 sg, ayakichi,shige, wata, hyaku
2015年6月21日 北谷登山口9:00~本谷~スズコヤ谷~障子岳13:00~祖母山14:33~風穴コース~登山口16:00過ぎ

[PR]
by hyaku_chan | 2015-06-28 13:27 | 九州の沢

犬戻峡遡行

中国自動車道を東へ向かい、六日市I.C.で降車、寂地峡キャンプ場駐車場に10時半頃到着する。今日のお目当ては寂地峡のすぐ横の犬戻峡だ。まだ水は冷たいが晴天を期待して出発する。

堰堤を越えた辺りから入渓。しばらく歩くと滝がある。
d0006512_14574069.jpg
滝を越えてしばらく歩くとまた滝。その後は堰堤を二つ越えたりゴーロを歩いたりと、ちょっと退屈気味。
d0006512_14583384.jpg
d0006512_15003178.jpg
12時過ぎてから漸く面白くなってきました。
d0006512_15022652.jpg
予報は晴れだったけど、実際には時々陽が射す程度でちょっと寒い。14時過ぎに犬戻滝に到着。
d0006512_15030325.jpg
水が冷たくて滝を登る前の段階で釜に入れなかった滝が多数あり~(涙)
d0006512_15050946.jpg
でも、水は綺麗でした!

参加者 Pooh, Shige, Wata, Hyaku
2015年6月13日 寂地峡駐車場10:45~犬戻峡~犬戻滝14:07~林道~駐車場15:21

[PR]
by hyaku_chan | 2015-06-14 15:08 | 中国の沢

久しぶりにくじゅうにミヤマキリシマを見に行った。
8時過ぎに長者原と牧ノ戸峠の登山口を通過するも満車状態で道路まで車がはみ出す始末。沢水登山口は漸く一台入れる状態。
9時前に沢水登山口を出発する。鍋割坂の手前から南西尾根に取り付く予定が、おしゃべりが過ぎて入口を通過する。佐渡窪の奥から山頂に直登しようと思ったら、佐渡窪は前日までの雨で水を満々とたたえている。
d0006512_13231547.jpg
こりゃだめだと諦めて、立中山に向かう。
d0006512_13255250.jpg
山頂は登山者が沢山。ここから大船山に取り付くため、藪を漕ぎ、沢を渡る。12時過ぎに段原に到着。人がいっぱいだ。
d0006512_13295032.jpg
山頂でお昼にする。いい天気で山頂は人で溢れている。
d0006512_13343128.jpg

d0006512_13323001.jpg

今年は葉や花がシャクトリムシに沢山食べられているが、いい天気だからまあいいかな~
d0006512_14205540.jpg
坊がつるには沢山のテントがある。今日は土曜日だから皆さん泊まるのですね。
d0006512_14260185.jpg
来年はもっと綺麗かも知れない・・・ 来年に期待!
d0006512_14270565.jpg
参加者 Sato、Ryo、Tomo、Sho、Hyaku
2015年6月6日 沢水登山口8:52~くたみ分かれ9:19~鉾立峠10:36~立中山10:52~段原12:12~大船山頂12:38~段原13:36~坊がつる14:29~鉾立峠15:26~くたみ分かれ16:24~沢水16:52

[PR]
by hyaku_chan | 2015-06-07 14:20 | 九州の山

京丈山と平家山の間の稜線から五家荘の葉木に向けて流れる沢がヨウゼン谷だ。林道がこの付近まで通っているので、平家山の登山口の近くに車を止めて歩き始める。
d0006512_23015444.jpg
道路を少し歩いて下り、ヨウゼン谷が本谷に合流する場所から入渓する。
d0006512_23070089.jpg
最初は登りの少ない沢が続く。所々に小滝がある。
d0006512_23075455.jpg
水は冷たいがずぶ濡れにならなければ我慢できる。
d0006512_23090942.jpg
冷たそうな滝はさっさと巻こう。
d0006512_23095681.jpg
脊梁らしい風景が出てきた・・・
d0006512_23103218.jpg
と思ったらまた滝だ。
d0006512_23110526.jpg
高さは大したことはないが、落ちるとやばい高さだ。
d0006512_23115663.jpg
13時半頃平家山の山頂に到着。稜線歩きが長かった。
その後登山口に向けて登山道を下ったが、山頂直下は山火事があったようだ。
d0006512_23131787.jpg
4時間かけて登り、下山は1時間ほど。
d0006512_23152314.jpg
やっぱり脊梁はいい。

参加者 SG,Pooh,Shige,Wata,Hyaku
2015年5月31日 平家山登山口横車9:14~ヨウゼン谷~平家山13:35~車14:30頃


[PR]
by hyaku_chan | 2015-06-05 23:17 | 九州の沢

日記代わりに綴る九州の山を中心とした記録です。