以前、与那国島(最西端)に行った時、次は波照間島(最南端)かなと思っていた。それから随分時間が経った2015年10月下旬、やっと波照間島に渡ることができた。波照間島は石垣島離島ターミナルから高速船で約1時間の距離にある。この船はちょっとでも海が荒れると直ちに欠航になるので注意が必要だ。この時も約2週間欠航が続いた後だった。下は波照間島の桟橋。
d0006512_23405630.jpg
島巡りツアーを予約したかったが満員だったので、最悪歩くつもりで島に渡った。でも港で客を待つ民宿の人に尋ねたらレンタカーが借りられるとのこと。レンタカーを借りて最初に最南端の碑を見に行く。最南端の景色はこんな感じだ。
d0006512_23481839.jpg
最南端の碑。
d0006512_23482665.jpg
それから何カ所か名所を廻り、第二の目的地のニシ浜へ行く。快晴の天気の下、この海の色は何とも言えない。
d0006512_23515756.jpg
d0006512_23542490.jpg
13時過ぎの船で石垣島へ戻り、於茂登岳登山口へ向かう。於茂登岳は石垣島の最高峰で標高は500mちょっと。於茂登岳の遠景はこんな感じ。
d0006512_00074604.jpg
登山口は車が数台駐車できる。
d0006512_23583369.jpg
歩行時間は1時間ほど。山頂には電波塔などがあるが、山頂標識もちゃんとある。この山頂付近には珍しい蝶が住むらしく、登山口付近に「取るな」と書いてある。
d0006512_00023324.jpg
下山は40分ほど。林道の途中で拾ってもらい、ホテルに帰ってシャワーを浴びて宴会場に直行。波照間島巡りと於茂登岳登山をこなすハードな一日だったが、素晴らしい天気と眺めに乾杯!

2015年10月25日 石垣港8:30~波照間港9:50~最南端~ニシ浜~波照間港13:10~石垣港14:30~於茂登岳登山口15:05~於茂登岳山頂16:05~登山口16:51







[PR]
by hyaku_chan | 2015-10-26 23:34 | 九州の山

九州の山が紅葉に映える10月下旬、紅葉狩りと宴会を兼ねて祖母山系に向かった。
道の駅青雲橋から日之影川に沿って北に車を走らせ、かもしかの森付近に駐車。準備をして12時頃出発する。今日も天気は上々だ。
d0006512_00201578.jpg
歩き始めてすぐに入渓する。水が綺麗だ。
d0006512_00223145.jpg
沢沿いに暫く進む。この辺りの紅葉はまだちょっとというところ。
d0006512_00232812.jpg
時間を短縮するため、一旦、林道に上がる。高度を上げたのでちょっと色づいてきた。
d0006512_00244253.jpg
本谷橋を過ぎて再び入渓する。
d0006512_00263936.jpg
標高を上げると水は涸れ、稜線に出る。
d0006512_00275712.jpg
予定したテン場の近くまで来るが、テン場としては申し分ないものの水場がなく、水を求めて下へ移動することに・・・
d0006512_00293938.jpg
16時頃、少し下った場所に理想のテン場を確保!
d0006512_00315307.jpg
大宴会の始まり、始まりい~\(^o^)/

参加者 sg,aya,pooh,shige,wata,came,shimo,piro,hyaku
2015年10月17日 かもしかの森12:05~本谷橋14:28~テン場16:00


[PR]
by hyaku_chan | 2015-10-21 00:13 | 九州の山

6時に起床、朝食代わりに昨夜の鍋の残りを食べ、8時過ぎに出発する。支尾根に上がり、祖母傾の縦走路に向かうと鮮やかな紅葉の木が見える。
d0006512_00171555.jpg
今日も天気は快晴だ。
d0006512_00190334.jpg
赤や黄色や緑のそれぞれが綺麗だ。
d0006512_00195069.jpg
10時前に本谷山に到着。山頂は展望が良くない。
d0006512_00212896.jpg
気温がぐんぐん上がる。
d0006512_00232601.jpg
11時過ぎに笠松山に到着。前障子、大障子から祖母山、障子岳まで良く見える。
d0006512_00251400.jpg
笠松山からは縦走路を離れ、ひたすら藪漕ぎ。とはいえ、歩きやすい。
d0006512_00271559.jpg
傾山が見える。かっこいい。
d0006512_00283129.jpg
そしてまた、鮮やかな紅葉。
d0006512_00292199.jpg
林の中を下る。
d0006512_00300324.jpg
その後、沢の中や林道を歩いたりしながら、13時前に黒仁田の登山口に到着。車が2台止まっている。
d0006512_00305814.jpg
そこから黒仁田林道沿いに歩き、14時過ぎにかもしかの森に到着。
快晴、紅葉、沢の水、満天の星、焚き火、宴会・・・ 皆様、お世話になりました・・・
d0006512_00375936.jpg
参加者 sg,aya,pooh,shige,wata,came,shimo,piro,hyaku
2015年10月18日 テン場8:10~本谷山9:50~笠松山11:02~12:40黒仁田登山口~かもしかの森14:06

[PR]
by hyaku_chan | 2015-10-19 00:11 | 九州の山

10月3連休、最近行ってない比叡に久しぶりに行く。前日の予報は晴れだったが、高千穂過ぎても小雨がちらつく天気となる。ところが、日之影を過ぎて国道を離れると道は乾き初め、比叡一帯は風が強いものの比較的いい天気である。今日の目的はⅠ峰の横に聳える針のような岩、ニードルだ。
d0006512_10491028.jpg
展望台からニードルの取り付きに通じる道を登り、先発隊が10時過ぎに取り付き。
d0006512_10550167.jpg
続いてこちらも登攀開始。1ピッチ目はダブルフレークの右側を登る。ボルト2カ所にヌンチャクをかけ、左に行くとほとんどガバでそのまま終了点まで行く。2ピッチ目、フレークを登るがテラスに上がる部分が悪く、3人が試みるが失敗。shimoちゃん2度目のトライで成功。結局トップロープで登る。
d0006512_11040222.jpg
2ピッチ目の終了点の手前、セカンドで登るwata。
d0006512_11092034.jpg
3ピッチ目、長いクラックのルートをカムでランニングビレイを取りながら登る。持ってきた7本のカムの内6本を使って14時頃漸くピークに到着。先発隊は懸垂下降を終え、Ⅰ峰を登り始めている。
d0006512_11135725.jpg
時間の関係でこちらはこれで終了。Ⅰ峰に向かって左手に懸垂下降する。
d0006512_11153325.jpg
天気が良く暖かい展望台でしばしクライミングを観覧。先発隊がⅠ峰を登る姿が良く見える。ニードル中央壁を登る別のパーティーも良く見える。この画像の真ん中辺りにニードルがあるんですが、わかりにくいでしょ?
d0006512_11170190.jpg
途中から寒くなってトイレ横に降りる。先発隊が来たのは17:20頃。お疲れ様でした~!

参加者 char,shimo,wata,hyau
2015年10月11日 比叡山 ニードル左岩稜 ノーマルルート

[PR]
by hyaku_chan | 2015-10-12 10:41 | 九州の岩

犬ヶ岳の東にある小屋ヶ岳は綺麗な屋根形の山で、明瞭な登山道はないが、経読岳から笈吊峠に至る九州自然歩道から踏み跡があるらしい。

中津方面から経読林道を車で南下すると、経読林道支線に入るゲートの手前にもう一つゲートがあり、鍵がかかっている。仕方が無いので、この手前に車を止めて8時半に林道をスタートする。
d0006512_16305756.jpg
1時間弱の林道歩きで経読林道支線分岐に到着。往復で予定より2時間程度の時間延長となる。
d0006512_16332318.jpg
ここから経読岳登山口まで更に林道を40分ほど歩き、登山道を喘ぎながら登る。11時前に経読岳山頂に到着。少し手前にも山頂標識があるが、こちらが山頂らしい。
d0006512_16362490.jpg
稜線を笈吊峠方面へ歩くと、目的の小屋ヶ岳が見える。
d0006512_16401718.jpg
途中、大きな岩がある。
d0006512_16450482.jpg
11:20に小屋ヶ岳分岐に到着。中央の階段は笈吊峠への道、左が小屋ヶ岳への道、右は林道に下る道だ。
d0006512_16474095.jpg
小屋ヶ岳の手前に同じような三角形の岩がある。
d0006512_16460061.jpg
12時頃、小屋ヶ岳山頂着。展望はないが、山頂標識はあった。
d0006512_16501362.jpg
再び稜線に戻り、笈吊峠を目指す。途中で茶臼山に寄る。山頂標識はないが、犬ヶ岳が良く見える。
d0006512_16512757.jpg
14:40頃、笈吊峠に到着。ベンチが沢山あり、休憩に最適。
d0006512_16530400.jpg
その後、経読林道に下り、林道をてくてく歩き、17時前に車に到着。予定より林道歩きが長くなったものの、涼しく快適な山旅でした。
d0006512_16560798.jpg
参加者 nori,yu,fuko,hyaku
2015年10月4日 経読林道ゲート(車)8:35~第二ゲート(経読林道支線分岐)9:23~林道終点(登山口)10:07~経読岳10:50~小屋ケ岳分岐11:20~小屋ケ岳(11:58~13:30)~茶臼岳14:24~笈吊峠14:38~経読林道15:02~第二ゲート16:23~ゲート(車)16:52
[PR]
by hyaku_chan | 2015-10-05 16:18 | 九州の山

日記代わりに綴る九州の山を中心とした記録です。