指宿にエントリーしたのは今回が初めてではないが、その時はエントリーしただけで、何故か行かなかった。昔のことなので理由は覚えていない。体調が悪かったのかも知れない。とにかく、今回、職場の仲間3人とともに、10月中旬にエントリーして練習を開始した。
 11月は平日の早朝ジョギングを中心に50キロ走り順調な滑り出し、しかし、12月に入り、ふくらはぎを痛めて練習を休むことが多く、結局40キロほどの距離しか走れなかった。1月1日と5日も走り始めたものの、途中で違和感を感じてランを中止。この状態では走るのは無理と判断、今回は全行程歩くことにした。1kmを10分で歩けば42キロは7時間の計算だ。指宿の制限時間は8時間だから、軽いカルイ。
 1月9日、朝家を出て仲間を順次拾いながら指宿へ向かう。キャンプ場での宿泊のため、休暇村の事務所で受け付けをしてからテントにシュラフを広げて寝る準備。その後、大会の受付をしに徒歩で体育館へ行く。14時からミズノランニングクラブによる講習会に参加、瀬古監督のトーク(三遊亭**の落語を聞くような感じでしたが)を聞いた後、タイムキーパーによる講習会でトラックを3~4週走る。が、ここでもふくらはぎに違和感。

 1月10日、マラソン大会当日、5時過ぎに起床して6時から朝食。8時過ぎにスタート地点へと向かう。今回の出場者は1万7千人ほど。前回は2万人を超えていたらしいので、前回よりは少ないらしい。9時にスタート。6~7時間かかる走者が集まる後方にいたのでスタート地点に着くまで15分ほどかかる。ロスタイム15分。体に付けたセンサーで、後ほどこのロスタイムが考慮されたネットタイムが発表される。
d0006512_00073790.jpg
スタート地点の横には瀬古監督(一番右の人)がいて選手にハッパをかけている。
d0006512_00085106.jpg
指宿は起伏の多い好タイムの出にくいコースである。実際歩いてみると、ほとんどアップダウンばかりで平坦が無いようにも思える。それでも最初の5kmを10:02に通過。ロスタイムを入れると1km約9分で歩いた計算となる。その後、順調に速度をキープ、12.5km地点の池田湖でパチリ。曇天、微風、最高気温15℃の歩くには適したコンディションだ。
d0006512_00114563.jpg
池田湖を過ぎるとコースは開聞岳へと向かう。17.5km付近、開聞岳が正面に大きく聳える。気温は徐々に上昇して暑くなる。20キロもハーフ地点も順調に通過。この分だと7時間以内にゴールかも?と思ったが....
d0006512_00172969.jpg
14:27 30キロ関門を通過。指宿は今回30km関門を6時間以内に通過する制限を設けている。15:00にまでに通過しなければならなかったが、一応、余裕で通過。しかし、かなり疲れている。
d0006512_00225571.jpg
35km関門のJR山川駅前を通過。30分ほど余裕があったが、この35kmからが正直きつかった。両足はあちこち痛くなっている。風が強くなり、気温が下がってくる。海沿いの緩やかな登り道を延々と歩くのはほとんど気力だけが頼り。しかし、スタート時に周囲に居た参加者はここに来ても減らない。前にも後にも人の波が続いている。比較的若い人が多い。沿道の声援がある。エイドの給水やバナナや黒糖や氷砂糖やミカンや豚汁やカレースープや焼き肉などの提供がある。小さな子供達のロータッチとあめちゃんのサービスと声援がありがたい。

多分、この声援がなかったら歩き通せなかっただろう、42.195km。ボランティアの皆様、ありがとうございました。
d0006512_00273886.jpg
初のフルマラソンの完歩の記録は、7時間43分43秒(ロスタイム含む)。総合順位:17526人中13065番。
では、次回は小郡ロードレース(ハーフ)でお目にかかりましょう!

参加者 ST,YT,TS,Hyau
2016年1月10日 指宿菜の花マラソン スタート9:00~ゴール16:43

















[PR]
by hyaku_chan | 2016-01-12 00:52 | 指宿への道

日記代わりに綴る九州の山を中心とした記録です。