富士山へ その1

風になびく富士の煙の空にきえて ゆくへも知らぬ我が思ひかな
                                  西行

前日、天神B.T.を夕方18時頃にバスで出発する。富士山駅行きのこの夜行バスは3列シートで快適だ。乗ったとたんに缶ビールのプルタブをプシュと開ける。21時頃に佐波川S.A.でトイレ休憩、その後は消灯となっていつの間にか寝てしまい、翌日朝の日本平S.A.手前まで眠る。出発が遅れたことも手伝って、御殿場駅到着は8:30。すぐ隣に須走口行きのバスが止まっているので乗り換える。須走口までは小1時間。有料トイレに寄り、山バッジを買い、保全協力金千円を払って出発する。
d0006512_21553457.jpg
すでに標高2000mほどもあるので、高度順応を兼ねてゆっくり歩く。気温は高くはないが、歩いていると汗が出る。
d0006512_22005687.jpg
しばらく歩くと森が切れて山頂が見えるようになる。外国人の登山客が多いのにはちょっとびっくり。話には聞いていたが、2割位はいるようだ。
d0006512_22025476.jpg
登山口の有料トイレは300円だったが、500円のところもある。水は500mlで500円ほど。山小屋によってまちまちだが、だいたいこれが相場のようだ。ビールには惜しみなくお金を出すが、水はとりあえず2日分担いでいるので限界まで我慢しよう。
d0006512_22042862.jpg
標高が上がると周りの景色が良く見えるようになる。須走口は東を向いているので河口湖が見える。
d0006512_22091181.jpg
少しずつ雲が出始めるが、山頂付近は晴れている。
d0006512_22104063.jpg
13:30頃、本日宿泊予定の7合目の大陽館に到着。とりあえず缶ビールと柿の種で乾杯。
d0006512_22121652.jpg
この山小屋の前の道は登山道と下山道が一緒になっているので通行量が多い。夕食は名物の豚汁とハンバーグで予想より良かった。久しぶりにご飯と豚汁をおかわりする。19時を過ぎても登山客が行き来している。
d0006512_22153163.jpg
今夜は満室ということで、寝床は一人50cm幅程度。ほぼ隣の人とくっついているのと、山頂でご来光を見る人が夜中に出発する物音で12時過ぎまで眠れず。それでもその後は意識がなくなる。

2016年7月30日 御殿場駅8:30/8:35=須走口5合目(標高2000m)9:20/9:45~7合目大陽館13:32(泊)

[PR]
# by hyaku_chan | 2016-08-01 09:30 | 日本百名山への道

梅雨の合間の休日、別所Pまで1時間ちょいなので、気軽に来れる英彦山。性懲りも無く、ついつい来てしまう。
前回は別所Pからの8の字だったので、今回は多少気分を変えて、豊前坊からの8の字とする。
なーんだ、また、8の字ですか~  って感じだ。
別所からの8の字に比べて、一度宝幣殿まで下ってから南岳に登り上がるのが精神的にちょっときつい。できれば、最初に南岳に登る別所からの8の字が、精神的に楽かも知れん。と、どうでもいいことを考えながら歩く... 気分を変えるため、玉屋神社と南岳をパス。所要時間は約7時間だった...
で、車に乗ったとたんに土砂降りの雨、雨、雨 間一髪だった~

参加者 hyaku
2016年7月3日 豊前坊8:35~北岳9:46~英彦山頂10:09~宝幣殿11:13~鬼杉12:43~英彦山頂14:16~豊前坊15:38

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

翌週は、総勢3名で周回ボッカ。距離はそれなりに長いが、登るのは1回きりなので、やはり楽ですな~
と思ったら大間違い。気温はそれほど高くないのに、湿度が高いせいか滝のように汗が流れ、下山する頃には全身びしょ濡れ状態。
d0006512_21110126.jpg
d0006512_21114048.jpg
kそれで2回の山行を足したトレースがこちら。
d0006512_21155283.jpg
ひょっとして、来週も英彦山?

参加者 piro,wata,hyaku
2016年7月10日 別所P8:17~玉屋神社9:46~鬼杉10:58~英彦山頂12:38~豊前坊14:38~別所P15:36

[PR]
# by hyaku_chan | 2016-07-12 21:20 | 九州の山

梅雨の真ん中にポッカリ空いた晴れ間、ボッカトレをしに英彦山へ向かう。ほぼ一年振りの英彦山、8の字コースは何年ぶりだろう。別所Pに8時半頃到着、準備をして歩き始める。梅雨の晴れ間で道は濡れて所々小川になっている。本殿で参拝、玉屋神社を抜けて鬼杉へ向かう。
d0006512_08352013.jpg
英彦山は最近特に道の崩壊が激しい。玉屋神社もそろそろ建て替えないといかんじゃない?標識や登山道の修理などが少しずつ行われているが、鬼杉から南岳への登りの崩壊は特に激しいね~
d0006512_08392692.jpg
歩き始めて3時間ちょっとで山頂に到着。お昼を食べて少し休憩。山頂は見たことのないほど沢山の登山者がいる。バードコースを通って豊前坊に向かうが、途中で道を間違えて少し余分に歩く。スキー場のあたりもちょっと綺麗になっとるね。
d0006512_08461927.jpg
14時半頃に豊前坊着。一息入れて、さて、北岳へ登り返し。気温が少しあがり、息も上がってくる。二度目の山頂は16時。今度は我々以外は一人しかいない静かな山頂。正面道を別所Pへ向かって下り、途中で横道にそれて道迷い。GPSを見たら電池切れ。17:30に別所P着。
d0006512_08503397.jpg
皆様、お疲れ様でした~!

参加者 shige,tohru,hyaku
2016年6月26日 別所P8:40~玉屋神社9:29~鬼杉10:31~英彦山山頂(12:03~12:49)~バードコース~豊前坊14:28~北岳15:41~英彦山山頂16:03~別所P17:30
[PR]
# by hyaku_chan | 2016-06-27 08:32 | 九州の山

夏のアルプスに向けてボッカトレをせねば~と、ほとんど手遅れかな~と思いながらもくじゅうに向かう。
今日は初回目なのでとりあえず13kgほど担ぐ。

沢水駐車場に8時半頃到着するとほぼ満車状態。準備をして9時前に出発する。鳴子は久しぶりなので見慣れぬ景色にやや不安がよぎるが、水場を見つけて間違っていないことを確認。森の中は涼しく、汗はすぐに乾いて気持ちがいい。標高を上げると時々見晴らしのいい場所が現れる。稲星の山頂付近がピンク色に染まっている。
d0006512_11564098.jpg
鳴子の山頂に着くと沢山の登山者が休憩中。ここから白口に向かうルートにはあの深山の貴婦人こと「オオヤマレンゲ」が咲いているはずだけどね~と思いながら歩くと...
d0006512_12431408.jpg
景色のいい場所を見つけて昼食。白口山頂も人でいっぱい。この山はくじゅう連山の眺めがいい。中岳の南側がピンク色に染まっている。
d0006512_12444019.jpg
白口からの下山道にも白いドウダンツツジや赤やピンクの花が満開だ。
d0006512_12554499.jpg
鉾立峠からは風が無くなって少し汗ばみながら下山。それでも快晴のくじゅうは気持ちよかった~
d0006512_13003781.jpg
参加者 リバー、百
2016年6月18日 沢水8:48~鳴子山11:35~白口岳13:00~鉾立峠14:00~くたみ別れ~沢水15:47

[PR]
# by hyaku_chan | 2016-06-19 12:32 | 九州の山

GWの最終日、中2日空けて再び愛のエリアにやってきた。
1本目、夢中歩行(5.9)をリードで登り右隣の本命チョコにヌンチャクをかけながら降りる。
2本目、初夢(5.10a)、RPの予定が、いつものところで1テンションをかけてしまう。
3本目、本命チョコ(5.10b/c)、これも核心を抜けたところで力尽きてテンションをかけてしまった。
4本目、トップロープで愛は勝つ(5.10b)を上まで抜けるが、なかなか厳しいなあ。
5本目、狸のモモ子の溜めぐそ(5.10b)をトップロープで抜けるものの、2ピン目から上が微妙で1テン。
6本目、再び本命チョコに挑むもパワー不足でほぼ同じ場所でテンションをかける。
今日は成果が見られ~ん。
d0006512_08043669.jpg
参加者 sg, aya, iso, shimo, shige, wata, hyaku
2016年5月8日 日向神 愛のエリア上部

[PR]
# by hyaku_chan | 2016-05-09 08:02 | 九州の岩

日記代わりに綴る九州の山を中心とした記録です。