クライミングの翌日、塩屋富士からネクマチヂ岳を縦走する。早朝、コンビニで朝食を購入、塩屋富士の登山口から歩き始める。登山口には立派なトイレがある。
d0006512_15361202.jpg
この登山道は、大宜見村のシシガキに沿って延びている。ししがきの高さは1~1.5m位だろうか。
d0006512_15382501.jpg
道は整備されている。所々にベンチがある。くがに岳の手前で見晴らしがいい場所がある。
d0006512_15424402.jpg
塩屋湾が良く見える。
d0006512_15441068.jpg
大宜見ハキンジョウは展望所兼トイレ。
d0006512_15442226.jpg
ここで山の会の人達と偶然であい、一緒にネクマチヂ岳に登ることに。登山口がわからずウロウロしていたのでちょうど良かった。ネクマチヂ岳山頂からの眺めはいい。
d0006512_15464503.jpg
この後、下山してからソバ屋でソバを食べて、カンヒザクラを見に行く。満開で綺麗だったけど、大混雑と中国語が飛び交う~
d0006512_15495445.jpg
お天気の良かった二日間、大満足でした~

2018年1月28日 登山口7:49~塩谷富士~くがに岳8:37~坊主森9:08~大宜見ハキンジョウ9:25~ネクマチヂ岳9:59~登山口11:11~八重岳カンヒザクラ



[PR]
by hyaku_chan | 2018-01-28 23:33 | 沖縄

座津武はやんばるのクライミングエリアの一つで海沿いの眺めのいい場所にある。朝9時にトンネルの前の広場に集合して準備をして歩いて行く。
d0006512_14582329.jpg
最初にこの岩を登る。
d0006512_14590706.jpg
岩に登り、その次の岩場に移動しようとしたが、波が荒くてずぶ濡れになりそうでクライミングは中止。撤退。宇佐浜へ転戦する。この砂浜の先の岩場が目的の場所だ。
d0006512_15010830.jpg
簡単なルートはあまりない。
d0006512_15023632.jpg
この辺りの数ルートは何となく登れたが・・・
d0006512_15033653.jpg
日暮れまで遊んで撤収。この後、道の駅で寝てから翌日の山へ。久しぶりの車中泊は快適だった~

参加者 H川、U原、百
2018年1月27日 座津武、その後宇佐浜(辺戸岬)

[PR]
by hyaku_chan | 2018-01-27 23:54 | 沖縄

西表島の最終日は沖縄県最大の滝、ピナイサーラの滝を見に行く。駐車場を出るとすぐにクロツグのお出迎え。
d0006512_13365323.jpg
最初に、滝の上に向かう。滝頭からの眺めはいい。暫くぼーっとしよう。
d0006512_13380439.jpg
次に滝壺に向かう。急な崖を下るとサキシマスオウの木がある。大きな板根が特徴的だ。
d0006512_13392917.jpg
滝壷の景色もすばらしい。軽い昼食を取り、またぼーっとする。
d0006512_13425855.jpg
港へ帰り、船で石垣島に行き、タクシーで石垣空港まで行く途中、崎原公園に寄る。オヤケアカハチの像がある。西暦1500年、オヤケアカハチは首里王府に反旗を翻した罪で討たれる。アカハチが指をさす方向は首里の軍勢が来る方角だ。厳しい顔つきの像を見ていると当時の歴史が偲ばれる。
d0006512_13453797.jpg
石垣空港から飛行機で那覇空港へ。三日間天気が良くて、すばらしい旅になりました。同行の皆様、お世話になり、ありがとうございました。

2018年1月15日 駐車場9:00~ピナイサーラの滝頭10:08~サキシマスオウの木10:52~滝壺11:18~駐車場

[PR]
by hyaku_chan | 2018-01-15 23:27 | 沖縄

西表島の二日目は今回の旅の目玉、西表島横断縦走だ。朝7:30に予約した渡船に乗る。
d0006512_12540746.jpg
約30分で軍艦岩に到着。ここから車のデポ地点まで歩くことになる。
d0006512_12561521.jpg
最初に出会うのはマリウドの滝。日本の滝百選に選ばれたこの滝は現在縦走路からは見るだけだが、滝に行く道はある。今回は時間がないので展望台から眺めるだけ。
d0006512_13010324.jpg
少し歩くと、カンビレーの滝。カンビレーは神が座るという意味らしい。

d0006512_13072567.jpg
この滝の上に横断道の入り口がある。立派な標識だ。
d0006512_13085653.jpg
ここから林道出合いまでの約10kmの間に24カ所の標識が約400mおきにあるらしい。この標識は2番目。
d0006512_13093272.jpg
11時過ぎにイタチキ川出合いに到着。ここから横断道を外れ、イタチキ川を遡上する。30分でマヤグスクの滝がある。
d0006512_13111837.jpg
ここから先は見るべき景色はほとんどなし。ひたすらジャングルの中を歩く。15:30に第一山小屋跡。
d0006512_13131860.jpg
17:55に林道出合い。ここからは暗くなりかけた林道を7km歩く。
d0006512_13142174.jpg
すぐに日が暮れる。19時過ぎに車のデポ地点に到着。渡船場まで約1時間かけて車を回収に行き、再び戻って残りの会員を積んで宿へ向かう。宿に着いたのは10時頃。シャワーを浴びてから軽く宴会して就寝。

参加者 沖縄山岳会
2018年1月14日 渡船場7:30~軍艦岩8:00~マリウドの滝展望台8:35~カンビレーの滝9:00~横断道入口9:26~イタチキ川出合い11:04~マヤグスクの滝11:33~中間広場14:48~第一山小屋跡15:31~林道出合い17:55~車デポ地点19:10?





[PR]
by hyaku_chan | 2018-01-14 23:59 | 沖縄

年明け早々、西表島へ。今回は2泊3日で西表島の主な山を全て登る計画・・・
初日はユツンの滝経由で古見岳へ。9時半頃、登山口を出発する。
d0006512_11242368.jpg
このコースの特徴は徒渉が多いことらしい。長靴がいいと言う人もいたが、ゴム底の沢靴を履いていく。
d0006512_11250616.jpg
10:40頃、ユツンの滝を通過。帰路でも通るので、画像は後ほど。12:30頃、古見岳山頂に到着。山頂からは海が見える。
d0006512_11371610.jpg
山頂にある石のイリオモテヤマネコ。
d0006512_11391531.jpg
昼食を食べ、来た道を戻る。14:30頃、再びユツンの滝を通過。今度はここで一休み。
d0006512_11410365.jpg
登山口へ戻る道でカンムリワシを見た。
d0006512_11411778.jpg
16時過ぎに登山口へ。思ったより時間がかかったのは人数が多いせい?宿に行き、シャワーを浴びてからビールと夕食。良く眠れそう~

参加者 沖縄山岳会
2018年1月13日 登山口9:27~ユツンの滝10:44~古見岳12:29~ユツンの滝14:36~登山口16:06

[PR]
by hyaku_chan | 2018-01-13 23:31 | 沖縄

日記代わりに綴る九州の山を中心とした記録です。