常念岳縦走 3日目

朝4時前に目覚める。混雑していない山小屋の寝心地はいい。4時丁度に小屋のスタッフが電気をつけて回る。朝食は自炊にしたので、荷物と靴を持って自炊室に行き、乾燥室からカッパなどを回収して朝食の準備。朝ご飯を食べてパッキングを終えても雨は降り続いている。5:20に大天荘を出発。今日はどのピークにも寄らずに中房温泉に下山する予定だ。
d0006512_11004697.jpg
雨とガスで見晴らしの良くない道を下山する。後ろを振り返ると少しだけ見えるのは大天井岳のピークだろうか。稜線に出ると西風が強い。よろけないように注意しながら歩く。
d0006512_11005747.jpg
時々ガスが晴れると先の道が見える。一瞬、風向きが反対になったので、あれ?と思いながら歩いていたら、道を間違えていたらしく、前方から来た人に教えてもらった。間違えて岩場を回り込んだ時に反対方向に向かってしまったらしい。が、ロスタイムは10分ほどで済んだようだ。
d0006512_11031086.jpg
3時間ほどで燕山荘に到着。小屋に入り、あんパンをかじっていると、小屋の主人らしき人が、午後から更に天気が悪くなるので大天井方面に行く人は気をつけて下さいと言う。
d0006512_11031774.jpg
燕山荘からの下山路は風裏になって先ほどまでの強風はどこへ行ったかという感じだ。風の無い静かな道を下っていると、下から登山客がどんどん登ってくる。小一時間ほどで合戦小屋に到着。しばし休憩。

d0006512_11120413.jpg
そこからまた合戦尾根をひたすら下り、嫌になったころにようやく中房温泉に到着。温泉に入り、食堂でビールを飲み、昼食を食べ、バスで穂高駅へ向かう。
d0006512_11121532.jpg
穂高駅前でお土産を買い、穂高~松本~名古屋~博多と電車を乗り継いで帰宅。今日は雨だったけど、前半2日晴れたから、まあまあの山旅だったな~

2018年8月16日 大天荘5:20~燕山荘8:30~合戦小屋9:17~中房温泉11:10

[PR]
by hyaku_chan | 2018-08-17 10:55 | 九州の美味いもの、うまい!もの

常念岳縦走 2日目

降っていた雨は夜中にやみ、風が吹き始める。3時前に起床して朝食を食べトイレに行って戻るとテントが風にあおられて飛びそうになっている。見るとフライシートのロープが切れている。テントの中に入り、山道具を全てザックに詰め、テントを畳み始めるが、風か強いのでとりあえずザックに押し込んでから山小屋の横の風の無い場所まで行き、再度テントを畳んでザックの最下部に詰める。気がつくと東の空が明るくなっている。4時過ぎに蝶ヶ岳を出発。富士山が雲の上にぽっかり浮かんでいる。
d0006512_12191802.jpg
前方には常念岳が良く見える。
d0006512_12205129.jpg
西には槍~穂高の稜線。今日は午後から天気が崩れるとのこと。できれば晴れている時に常念岳の山頂を越えたいが・・・
d0006512_12215385.jpg
7時過ぎ、常念の山頂がようやく間近に見え始める。
d0006512_12240430.jpg
昨日の疲れはそれほど残っていない。順調に山頂を目指し、8時半に山頂に到着。山頂は割と狭い。
d0006512_12241505.jpg
暫くするとガスが湧き始め、槍~穂高の稜線が見えなくなってきた。下山を始めるとすぐに常念小屋が見え始めるが、次の山の大天井岳の山頂は見えない。
d0006512_12272671.jpg
9時半頃に常念小屋に到着。山バッジとサイダーを買い、暫く休憩。
d0006512_12273710.jpg
常念小屋を出ると再び登りが始まる。少し歩いて後ろを振り返ると小屋はもう遠くで小さくなっている。
d0006512_12302788.jpg
大天井の山頂が見えぬまま、延々と続く緩い登りをひたすら歩く。カーブを曲がると、また同じような道と景色が続く。
d0006512_12303698.jpg
山頂が近くなった頃、一匹の猿が姿を見せたが、すぐいなくなった。
d0006512_12333820.jpg
大天荘まであと1000mという標識の辺りで、雨が降り出した。暫く様子を見ていたが、雨はだんだん激しくなるのでカッパの上を着てザックカバーを着ける。500m手前から豪雨となり、小屋に着く頃には下半身がかなり濡れている。テント泊の予定を小屋泊に切り替えて山小屋に入る。濡れた服を乾燥室に吊し、缶ビールを買ってしばし休憩。夕方5時に夕食を食べ、8時に就寝。明日の天気はどうだろう~

2018年8月15日 蝶ヶ岳4:15~横尾分岐4:42~常念岳8:30~常念小屋9:30~大天荘13:30

[PR]
by hyaku_chan | 2018-08-16 11:45 | 日本百名山への道

常念岳縦走 1日目

常念岳は穂高連峰の東側に位置する北アルプスの東の横綱だ。今回、上高地~蝶ヶ岳~常念岳~大天井岳~燕岳~中房温泉を繋いで常念山脈を2泊3日のテント縦走する計画を立て、8月13日の夜、新大阪から夜行バスで上高地に向かった。この夜行バス「さわやか信州号」の4列シートは、お世辞にもさわやかとは言えないが、時々ウイスキーをちびちび舐めながら朝5時過ぎに何とか上高地へたどり着く。自分達の乗ったバスがいの一番に上高地バスセンターへ到着するが、次から次に各地からのバスが到着し、上高地は瞬く間に賑やかになる。
d0006512_15010881.jpg
朝食を食べ、準備をして6時前に出発。水3Lを入れたザックは約15kgだが、久しぶりに担ぐ重いザックに肩がきしむ。平坦な道を東に進むと、目の前に明神岳が現れる。道が濡れているので、昨日までは雨だったようだ。
d0006512_15045006.jpg
明神館を過ぎ、徳沢園で一休み。この建物の前の道を右折するとすぐ、蝶ヶ岳への登山口がある。
d0006512_15074022.jpg
展望の少ない長塀(ながかべ)尾根をゆっくり登る。最初は植林帯で、徐々に自然林となり、登りに飽きた頃、ようやく蝶ヶ岳の山頂付近に飛び出した。テン場にザックを置き、山小屋で受け付けをしてから山頂の場所を訊くと、さっき通り過ぎた道のすぐ横に標識があるとのこと。何だかわかりにくい山頂だ。辺りをぶらぶらしていると雨が降ってきたので、急いでテントを立て、山小屋で缶ビールを買う。暫くはガスと雨で何も見えなかったが、日没前に晴れ間が覗いた。

d0006512_15132910.jpg
d0006512_15200713.jpg
西側に槍~穂高の稜線が、
d0006512_15230283.jpg
北側に常念岳が見える。
d0006512_15231428.jpg
明日は晴れて欲しい~

2018年8月14日 上高地5:50~明神6:43~徳沢7:40~長塀山12:05~蝶ヶ岳(テン場)13:00

[PR]
by hyaku_chan | 2018-08-15 14:46 | 日本百名山への道

座津武川遡行

沖縄の沢は標高の高い山がないため、九州の沢に比べてどちらかというと滝が少ないイメージがあるが、この座津武川は比較的滝が多いらしい。前日に近くのダムでキャンプし、朝8:30に集合して車をデポしてから入渓地点へ向かう。この取水ポンプ場が目印だ。
d0006512_12285494.jpg
少し道を歩いてから沢に入る。数日前に雨が降ったためか水はきれいだ。
d0006512_12311078.jpg
暫く平坦な沢を行くが、その内滝が現れる。
d0006512_12322097.jpg
小さな滝はほとんど登れる。
d0006512_12323103.jpg
大きな滝も大丈夫。これは水量が多くて右から迂回した。
d0006512_12334387.jpg
水は冷たすぎず丁度いい水温だ。
d0006512_12344975.jpg
釜の泳ぎもシャワークライミングも気持ちいい。
d0006512_12353854.jpg
これは左から登り、途中で右に移る。
d0006512_12365806.jpg
流木を利用して登ると楽ちん!途中でGPSに水が浸入。治るかな~?

参加者 沖縄山岳会
2018年8月5日 入渓9:00~座津武川遡行~林道15:00頃

[PR]
by hyaku_chan | 2018-08-06 12:23 | 沖縄

日記代わりに綴る九州の山を中心とした記録です。