赤川浦岳 玄武山

赤川浦岳と玄武山は一応縦走できるそうだが、車を回収するのが面倒なのでそれぞれ単発で登ることにする。早朝自宅を出て熊本I.C.で高速を降り、俵山トンネルを通って高森に出て五カ所から登山口へ向かう。旧登山口から舗装林道が延びて大きな駐車場のある黒原越登山口に行けるというのは後で知ったことで、最初は旧登山口から歩く。
d0006512_13162452.jpg
ここから登山口まで林道を約30分。大きな駐車場がある黒原越登山口から歩き始めるとすぐアケボノツツジが咲いている。満開の木もあって写真を何枚も撮ってしまう。
d0006512_13194253.jpg
1時間ほどで山頂に到着。山頂には花は無く展望もない。
d0006512_13214842.jpg
時間が早いのですぐに下山する。同じ道を下ると登りで気づかなかった木にも満開の花が咲いている。
d0006512_13232302.jpg
展望所からは祖母山の眺めがある。
d0006512_13225670.jpg
途中で花の下でお弁当を広げてから13時前に下山。
d0006512_13250365.jpg
時間が早いのでもう一山登ろう。玄武山の登山口は車で少し走った「玄武活性化センター」の横だ。
d0006512_13273773.jpg
歩き始めると気温が上がっていて暑いが、山の中に入ると風が涼しくなる。花も展望もない登山道を黙々と登り、3時過ぎに山頂着。
d0006512_13302249.jpg
すぐ下山を始め、4時前に登山口に到着。
d0006512_13322459.jpg
久しぶりのアケボノツツジ、見応えありました~!


2017年5月2日 旧登山口(車)9:49~黒原越登山口10:21~赤川浦岳11:21~黒原越登山口12:22~車12:44
        玄武山活性化センター(登山口)13:31~玄武山15:08~活性化センター15:57

[PR]
# by hyaku_chan | 2017-05-03 13:10 | 九州の山

座間味でダイビング

沖縄で海を楽しむために、とりあえずダイビングのライセンスを取りましょう!ということで、知人の紹介で知ったダイビングショップに申し込む。と、ダイビングの一週間ほど前に分厚い教科書が送られてきた。当日までに教科書を読んで問題集に解答を書き込んで行かないといけないのであるが、昼間は仕事があるので、夜勉強することにする。が、1日50ページ位は進まないといけないのに、なかなか進まない。一週間、ひいひい言いながら何とか問題集を終わらせる。

土曜日はお天気が良くないが、最初に問題集で間違った箇所を再勉強。それから奥武島に移動して海岸から第一回目のダイビング。ファンダイブ(観光ダイビング)と違い、水中でマウスピースを外したり、水中眼鏡を外してからまた着けたりと、様々な訓練をする。海から上がると小雨は暴風雨となっている。

日曜日はいい天気なので座間味に行く。ボートの上から海に飛び込んで合計3回のダイビング。様々な訓練を経てようやくOWD(オープンウオーターダイバー)のライセンスをいただきました。
d0006512_23592613.jpg
d0006512_00031951.jpg
d0006512_00004766.jpg
d0006512_00073648.jpg

d0006512_00014166.jpg
d0006512_00263243.jpg
2017年4月23日 座間味ダイビング

[PR]
# by hyaku_chan | 2017-04-23 23:57 | 沖縄

具志頭ボルダー

糸満からバイクで小一時間のところに具志頭(グシカミ)ボルダーというボルダリングエリアがある。海の横にあり、砂浜から突き出た奇岩を登るようになっている。この日は土曜日だったがあいにくボルダラーはおらず。ガイド本にあるように触った感触は指が痛くなるような尖った感じだ。落ちたら砂というところもあるが、突き出た岩の上にもろに落下するような場所もあり、マットは必須。それよりハブが出そうで、怖い。
d0006512_23453532.jpg
d0006512_23414772.jpg
d0006512_23394882.jpg
d0006512_23404554.jpg
2017年4月15日 沖縄 具志頭ボルダー 偵察

[PR]
# by hyaku_chan | 2017-04-15 23:34 | 沖縄

沖縄へ

皆様ご無沙汰しています。この3月で定年退職し、4月から沖縄の糸満で暮らし始めました。糸満は漁師の町、アパートの窓からは川が見え、川はすぐ海につながっています。
毎朝、沖縄水産高校のカヌー部員が練習する風景が窓から見えます。今は過ごしやすい季節で、デイゴが咲き始め、鳥の声も沢山聴こえます。近くには飲み屋やお店が沢山あり、便利な所です。近くにお越しの際はぜひお立ち寄り下さい。糸満の美美ビーチまで2キロほど、おいでの際は水着をお忘れなく。

d0006512_23251549.jpg

[PR]
# by hyaku_chan | 2017-04-12 23:22

雪の九千部山

今年初めて雪が降った日、時間もないしどうしようかな~と迷った末、九千部山へ。鳥栖筑紫野道路沿いの大型店舗の駐車場に車を止めて8時前に歩き出す。登りのルートは分県ガイドの佐賀版を参考に東橋から道路を北上。転石のバス停から左折して大谷登山口まで約2時間。
d0006512_10034039.jpg
ここで林道が終わり、登山道となる。途中でスパッツを着けたりしながら高度を上げて11時前に九千部山頂に到着。積雪は5cmほどだ。
d0006512_10053282.jpg
お腹が空いたのでカップ麺を食べていると知人に遭遇。一緒に石谷山手前の三領境峠まで歩く。稜線沿いの道は快適な雪道だ。
d0006512_10103210.jpg
ここから、知人は七曲峠へ、こちらは林道経由で四阿屋登山口へ。そこから道路歩きで駐車場へ。舗装道歩きが長くて少し疲れたけど、やっぱり雪道はいいね~

2017年1月15日 店舗P7:52~大谷登山口9:40~九千部山(軽食)10:44~石谷山11:57~四阿屋登山口13:09~店舗P13:53
[PR]
# by hyaku_chan | 2017-01-16 09:53 | 九州の山

日記代わりに綴る九州の山を中心とした記録です。